箕面市 割れたベランダ屋根の張替え工事

2階ベランダ物干しスペース
2階ベランダに洗濯物を干すスペースを確保されている方も多いかと思います。

経年劣化や台風などの風災でベランダ屋根が破損したり剥がれて吹き飛んでしまうと、見た目の問題はもちろん、洗濯物が濡れてしまう問題もあります。

外出中の急な雨や思わぬ通り雨のたびにお洗濯物が濡れてしまうのは避けたいですね。

今回は、箕面市にお住まいの方から「ベランダ屋根を新しくしたい」とのお問い合わせがありました。



破れた塩化ビニール屋根
お問い合わせがあった現場のベランダです。元々使われていた塩化ビニール屋根が、経年劣化により風で割れて半分近くなくなっていました。
この状態では、お洗濯物が急な雨ですぐに濡れてしまいますね・・。
破れた塩化ビニールパネル
目隠しのためサイドに貼られたパネルも、屋根と同じく劣化して割れてしまっていました。
鋭利な断面が剥き出しになったパネルがさらに次の強風で飛んでしまったら、ご近所の方の被害に繋がりかねません。



pixta_3044250_M-afterthumb-afterthumb
以前ベランダ屋根として主流だった塩化ビニールは安価で入手しやすく人気でしたが、連続使用温度(耐熱性)が55℃と低く、変色するのがとても早いです。

近年主流となったポリカーボネートは、連続使用温度(耐熱性)が125℃と高く、高温低温どちらの環境にも対応可能です。また、ハンマーで強打しても割れないほどの高い衝撃性があります。



before
劣化した塩化ビニール屋根
arrowd
after
クリアタイプのポリカ波板

全面クリアタイプのポリカーボネート屋根に張り替えました。

以前のベランダと比較して、屋根の透明度が上がってベランダ全体が明るくなりました。

視界が抜け、スッキリとした美観を添えるベランダになりましたね!

これで安心してお洗濯物も干せそうです。

ご自宅のベランダ屋根でお困りの点がありましたら、一度弊社へご連絡ください。

丁寧に対応させていただきます。