豊中市 ポリカ平板屋根の張替え工事

修繕依頼されたベランダ屋根
お家のベランダ屋根の欠陥を、見た目だけの問題、お洗濯物がちょっと濡れるだけと放置していませんか?

ベランダ屋根の破損や経年劣化を放置していると、大雨や強風で思わぬ事故に繋がります。

梅雨から夏にかけての今の時期、お家のベランダは台風や大雨、強い紫外線に日々耐えているのです。

一部でもひび割れや破損があれば、次の雨風の衝撃で剥がれて落下する可能性もあるので、早急な処置をおすすめ致します。

今回は豊中市にお住まいの方から、「ベランダ屋根が剥がれたので修繕してほしい!」とのご依頼があり張替え工事を行いました。
ベランダ屋根の破損と経年劣化
ご依頼のあったベランダへ調査に行ってみると、真ん中のベランダ屋根がすっぽりなくなっており、
残ってる屋根材も色褪せやくすみなどの経年劣化がみられました。
強風はときに、ベランダ屋根を持ち上げて飛ばしてしまう事があります。
大雨や台風が多くなるこれからの時期は更なる注意が必要です。
今回は残っている屋根材も全て撤去し、張替え工事を行います。

足場を設置したベランダ屋根工事
まずは足場を設置します。

足場は職人のケガや命を守るためであり、お住まいを守るためのものでもあります。

足元が不安定な体勢では、いくら職人でも作業精度が落ちてしまうことがあります。

経年劣化した屋根材は撤去の際に割れやすく落下しやすいので更に注意が必要ですね。
ポリカ平板
近年、ベランダ屋根材の主流はポリカーボネートです。
以前はアクリル板や塩化ビニールなどが主流でしたが、
ポリカーボネートには以下のような嬉しい特徴があります。

①割れにくい!
ハンマーで叩いても割れない丈夫な素材です。これまで屋根材として主流だったアクリルの30倍、塩化ビニルの20倍もの強度があります。

②明るい!
ポリカーボネートの光線透過率は88%(平板透明色、厚み5mmの場合)
 とガラス並みです。
つまり、屋根下のベランダを明るく保つ事ができ、デザイン性も確保しやすいです。

③紫外線や熱をカット!
ポリカーボネートは紫外線をカット(吸収)します。
そのため、ベランダの屋根に使用する事で室内にいる際の日焼けやお洗濯物の色褪せも予防してくれます。
また、熱伝導率がガラスの1/5と小さいため屋根下の気温変化を緩やかにします。

④軽量なので、施工が楽!
ポリカーボネートの重さは同厚のガラスに比べ1/2と言われています。
軽量で取り扱いしやく、施工作業の負担が軽減する事ができると好評です。





クリアなポリカーボネート平板
新しいポリカーボネート平板を固定し、
張替え工事完了しました。
以前の屋根材と比較しても、透明度が上がり、視界が抜けてスッキリとした外観になりました。
日差しも取り込めて、室内も一段と明るくなりそうですね!