吹田市 強風で剥がれたベランダ屋根の張替え

近年猛威を振るう台風の影響で、比較的新しいベランダ屋根でも、パネルが剥がれて飛んでいってしまう被害が増えています。

見た目だけガマンすれば、洗濯物が少し濡れるだけ・・と後回しにしていると次の強風でベランダ全体や室内への被害に繋がりかねません。

台風等の風災によって破損した場合は、火災保険が適用されますので気づいたらすぐに対応する事をオススメいたします!


風で飛ばされたベランダ屋根
今回は、吹田市にお住いの方から「風でベランダ屋根のパネルが飛んで行ってしまった!」というお問い合わせがありました。

左の写真が現場のベランダです。

屋根パネルが一部風で剥がれて飛ばされてしまっています。

屋根の躯体自体はそれほど劣化していませんでしたが、突風によって固定しているビスがはずれてしまったようです。



ベランダ屋根交換
飛んで行った屋根パネルは1枚でしたが、「今までのクリアタイプの屋根パネルだと日差しが入りすぎて暑い・・」とのご相談があり、今回は残っていた屋根パネルも全て撤去しました。

近年ベランダ屋根パネルの主流となっているポリカーボネート材は、色のバリエーションが豊富です。

お住まいの環境によって、日差しを出来るだけ取り込みたい場合や、逆に遮りたいなどのご希望によって様々なデザインをお選びいただけます。





ブロンズタイプのポリカ屋根
ブロンズタイプのポリカ屋根(2)

今回のお客様は、修理を機会に日差しをある程度遮断したいとのご要望だったので、ブロンズタイプのポリカ波板を設置いたしました。

これからの暑い時期にお洗濯物を干す際にもベランダの気温上昇を抑えることが出来、室内の冷房効率も高められます。



ベランダ屋根の火災保険適用について

意外と知られていないのですが、台風などの風災や雹災、雪災による屋根の破損が認められた場合には火災保険が適用されます。

近年は国内各所で様々な自然災害が多発しており、昨年大阪でも大型の台風があったため、段々と火災保険についても認知されるようになり、弊社へのお問い合わせも増えています。

弊社では、自然災害や経年劣化によるベランダ屋根の破損を無料で調査・点検させていただいております。

自然災害による破損の場合は、火災保険申請のお手伝いもさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください!