ベランダ屋根を取付けるメリット

ベランダ屋根を取付けるメリット

ベランダ屋根を取付けるメリットとは
そもそもなぜベランダに屋根が必要なのでしょうか?ベランダ屋根を取付けた場合の3つのメリットを見てみましょう。
洗濯物が干せる

ベランダの保護

近隣周辺からの視線カット

洗濯物が干せる
洗濯物が干せる
屋根のないベランダに雨除けとしてポリカ波板を取り付けることでベランダを物干し場所として活用することが可能です。
ベランダにポリカ屋根があることで天気を気にせず外出もできます。
雨の心配をせずに洗濯物を干せるので、洗濯物が溜まらず、また急いで取り入れる必要もありません。

家事の手間を減らすことができるというのもベランダ屋根を取付ける大きなメリットです。
ベランダの保護
ベランダの保護
太陽の日差しを直接浴びる窓際やベランダは日焼けが起こりやすい場所です。
紫外線にさらされると劣化する速度も早く、フローリング素材のベランダだと紫外線や雨風による劣化が進み住宅の寿命にも問題が出てきます。

ポリカーボネートは紫外線を90%以上カットし、雨風を防ぎ、少々の衝撃にも強い素材です。

住宅の保全のためにもベランダにポリカ屋根の設置をおすすめします。
近隣周辺からの視線カット
近隣周辺からの視線カット
近隣周辺への目隠しとしてブロック塀や不透明な塀などを設置することでその役割は果たすかもしれませんが、圧迫感があったり軽さを出すデザインとしてはふさわしくない場合があります。

ポリカーボネートは質感や色味のバリエーションが豊富です。しかも低コストで設置可能。ダークな色合いやスモーキーな質感のものを選べば近隣からの視線カットにも有効です。