スタッフブログ

豊中市 屋根修理
豊中市のお宅へベランダ屋根の修理にお伺いいたしました。屋根が一枚スッポリ飛んでいってしまってます。 また、まわりの屋根も経年劣化により、変色、くすみ、汚れ(小さな傷)、キズ等がパッと見て確認できます。
木造戸建て玄関正面からの様子
吹田市の木造2階建て家屋のベランダ屋根の劣化。古くなった波型スレートが破損してベランダ屋根が抜け落ちてなくなっている状態です。
日焼け・破損したベランダ屋根
ベランダ屋根は日々休みなく直射日光を受け、紫外線を浴びている部分なので年数が経てば日焼けし劣化します。 劣化した屋根材は風でパリパリに割れて落下するので、定期的に修理したり張り替える必要があります。
箕面市 ベランダポリカ屋根の修理依頼のあったご自宅
現在ベランダ屋根の主流はポリカーボネートですが、以前は塩化ビニールでした。 安価で加工しやすかったので人気でしたが劣化しやすく長期使用には向いていません。 これから張替えをする際は、耐久性・加工性共に優れたポリカーボネートをオススメいたします。
木造ベランダ屋根の修理
ベランダ屋根の修理やパネル交換などは非常に危険なため、ご自身では行ってはいけません。 脚立を利用したり、屋根上から手を伸ばしたりと不安定な姿勢での作業は落下の危険性があります。 お気軽にベランダ屋根救援隊にご相談ください!無料で相談・点検に伺います!
ベランダ劣化による雨漏り
年数が立っているベランダ屋根は、粘度が弱まって硬化し破損しやすくなっています。 一部でも破損してしまうと、ベランダは雨風にさらされ、お家の作りによっては 雨漏りの原因にもなります。ベランダの屋根材はポリカーボネートがオススメです。
摂津市 雨漏りしているガレージの雨除け用波板屋根
今回は、摂津市のお客様宅へ無料現地調査へ伺いました。雨漏りトラブルがあるというこちらの波板屋根。修理前の点検を入念に行います。雨漏りの原因は一体何か、プロの目でしっかりとチェックさせていただきました。
一部剥がれたベランダ屋根
ベランダ屋根の損害は老朽化によるものだけではなく、実際は台風など風災による被害で修繕・交換が必要になる場合がとても多いです。経年劣化した屋根を放置すると、今後の風災で破損したり落下する可能性があります!
瓦落下で破損したポリカ波板屋根
台風などで瓦が落下し、下のベランダポリカ屋根が割れたり穴が空いたりした場合も弊社にご連絡ください!即調査に伺いポリカ波板・パネルの交換工事をさせていただきます!
ポリカ波板経年劣化の黄ばみ
ガラスの約200倍もある耐衝撃性、そして高い透明性を誇るポリカーボネート。ですが経年劣化による黄ばみはポリカーボネート樹脂の避けられない問題です。あなたのお家のベランダのポリカ屋根は黄ばみが発生していませんか?
吹田市戸建て2階ベランダ屋根の抜けおち
吹田市木造2階建て住宅の2階ベランダの屋根のポリカーボネート平板が経年劣化により抜け落ちている。ベランダ屋根のポリカーボネートを新しく設置する。気温の上昇、直射日光、突然の雨に気を付ける。
ポリカーボネート
お家の外観を彩るベランダの屋根には、丈夫かつ美観を添える屋根材が必要です。近年、屋根材としてポリカーボネートを使用する事が多くなっています。台風や地震などの災害による屋根の破損時にもオススメですよ!
ブルーシートがかけられたベランダ屋根
高い耐久性を誇り、衝撃にも強いポリカーボネート。 しかしその寿命はおおよそ10年前後と言われています。(使用状況によります) そんな比較的高い耐久性を誇るポリカ素材も交換する時期は必ずやってきます。
破損したベランダ屋根
高い透明性と耐衝撃性を誇るポリカーボネート。それでも経年劣化によるくすみ、破損は避けられない問題です。あなたのお家のベランダ、屋根のくすみでどんより暗くなったり、破損して雨ざらしになっていませんか?
破損してなくなったベランダポリカ屋根
ポリカ屋根はなぜ飛散しすっぽりと無くなっていることが多いのでしょうか?ポリカ板を留めるビスやフックの形状によるところが大きいのですが、それらでしっかり留めていても経年劣化や強風で持っていかれることもあるのです。
日焼けして劣化したベランダ屋根
こちらのポリカ屋根は設置した当初の屋根材の色がわからないぐらい、日焼けしてしまっています。この屋根の劣化を放置すると、雨風の刺激でヒビ割れたり、躯体から剥がれて飛散してしまう事もあるんです!
豊中市 古くなったガレージの波板屋根の点検風景
「ガレージの屋根がひび割れて雨漏りする。そろそろ新しく張り替えたい。」豊中市ご在住の方からこの様なご用命をいただきました。まずは、施工前の現地調査をさせていただきます。屋根材として使用されていたのは塩ビ波板。かなり劣化が進行しています。
池田市 強風でベランダの屋根板が1枚のみ飛ばされている
「ベランダの屋根板が強風で飛ばされてしまった」というご相談をいただきました。現地調査の様子を詳しくご紹介いたします。飛ばされずに残っている屋根板もひび割れが多箇所に確認できました。また、フレーム自体にも大きな劣化サインが表れています。