豊中市 継続して使用するには高リスク!古くなったポリカ屋根

columns
豊中市 一枚飛ばされたベランダの屋根パネル
▲今回お伺いした大阪府豊中市のご邸宅

「強風で三階のベランダ屋根パネルが一部分のみ外れて飛ばされてしまった。修理費用を抑えるためにも、飛ばされた部分だけの屋根パネルを新しく設置してほしい。」

この様なご相談をいただき、早速、修理前の現地調査へ向かいました。

残りの屋根パネルも継続して使用できる状態でしょうか?

headlinesstrapline

耐用年数を超えたポリカ屋根

columns
豊中市 変色したポリカ平板
豊中市 継続して使用するには劣化しすぎているポリカ屋根
texts
▲飛ばされずに残っているベランダのポリカ(ポリカーボネート)平板

こちらは下から見上げた様子になります。

本来、高い透過性が魅力の「ポリカーボネート」パネルですが、かなり白くくすんでしまっています。

設置してから10年以上経過しているとの事で、ポリカの耐用年数を超えている状態です。

一見、まだまだ使用できそうなこちらのポリカ屋根パネルですが、このまま継続して使用した場合、様々なトラブルが予想されます。

ポリカの魅力は何といっても「高い耐衝撃性」です。

しかし、この様に耐用年数を超えたポリカは本来の「粘り」が無くなり、「硬化」してしまっています。

そうすると、「変形」「破損」「ひび割れ」の可能性が高まっていきます。


headlinesstrapline

ベランダの外壁の状態もチェック

columns
豊中市 ベランダ屋根の無料点検・外壁2
豊中市 ベランダ屋根の無料点検・外壁
texts
▲ベランダ屋根の骨組みが設置されている外壁の様子

長くベランダ屋根を設置していると、経年劣化により外壁部分に「ひび割れ」が生じる場合があります。

外壁に深いヒビ割れが表れている場合、「室内への雨漏り」へ繋がる危険があります。

幸い、こちらの外壁にはトラブルは見つかりませんでした。

屋根板を設置するアルミサッシも多少の劣化はあるものの、このまま継続してお使い頂ける状態です。


headlinesheadline

「一枚だけ交換・設置できますか?」との事でしたが・・

columns
下から見た枠からはずれた平板パネル

▲劣化により変形して反りかえったポリカ平板屋根

当初、「飛ばされた一枚のみのベランダ屋根パネルを設置して欲しい」とのご希望でした。

しかし、寿命を迎えた残りのポリカ平板屋根はくすみ・変色・硬化しており、すぐに交換しなければいけない状況になる事が容易に予想できました。


上の写真は、同じく耐用年数を過ぎたポリカ平板屋根です。

変形して反り返り、ポリカ屋根板と枠組みの間に隙間が空いてしまっています。

この状態ですと、隙間に風が吹き込み「飛散」または「雨漏り被害」が引き起こされます。


トラブルが出るたびに業者を呼び、足場を組み、修理作業を行った場合、修理費用がその都度かかってしまい非常にコスパが悪いです。

そのため、今回はお客様と話し合いの上、全てのポリカ屋根板を新しく交換し設置することとなりました。


headlinesheadline

どこよりも早く駆けつけます!

texts

「ベランダの屋根のメンテナンスなんてした事が無い。」

そんな方は是非一度、弊社の「無料点検・調査」をご利用されてはいかがでしょうか?

定期的なメンテナンスを行う事で、ベランダの屋根はより長くお使いいただけます。

どうぞお気軽にご相談下さいね。

  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる