豊中市 災害への備え!ベランダ屋根のメンテナンス

texts

「風で二階のベランダの屋根板がバタバタして剥がれそうになっている。今にも屋根が飛ばされそうで怖い・・」

先日、豊中市の方からこの様なご相談を頂きました。

まずは、ビフォーアフター写真をご覧ください。



beforeafter
before
豊中市 古くなったベランダ波板屋根

◀設置して10年程経過したベランダの波板屋根。

変形して浮いているのがご覧いただけますか?
風が吹き込む度にバタつき、今にも飛ばされてしまいそうです。

屋根板を固定する為の金具は錆びて緩み、ぐらついています。既に落下している箇所もあります。

arrowd
after
北摂 ポリカ波板設置例
▲古くなったポリカーボネート製の波板屋根を新しく張り替えました。

今回、屋根板の留め具はポリカーボネート製フックを採用しました。

同じくポリカ製の波板によく馴染み、美しい仕上がりとなりました。

※ポリカーボネートとは?・・・「強化プラスチック」とも呼ばれる非常に衝撃に強いプラスチック。ベランダ屋根材として定番化しており、大変人気の素材。耐用年数は約10年。




headlinesstrapline

現地調査スタート!

columns
豊中市 ベランダ屋根の点検作業に伺いました
こちらがご依頼のあったご自宅の二階ベランダです。

二階ベランダの屋根は特に高所になるため、ご自身での点検は非常に危険です。

屋根修理のプロが厳しい目でトラブル箇所を見極めていきます。


headlinesstrapline

風が吹き込んでバタついているベランダの波板屋根

columns
留め具が外れてバタついているベランダ屋根の状態
二階のベランダ屋根を上から点検していきましょう。

お客様がおっしゃっていた通り、屋根板の留め具が何か所も外れて無くなっています。

(写真右下あたりは特に多くの留め具が外れています。)


headlinesstrapline

屋根板を固定していた金属フックは古くなって外れてしまった

columns
豊中市 古くなって外れたベランダ屋根の金具(留め具)
屋根板を骨組みに固定していた金具のフックです。

緩んで外れて下へ落下していました。

黒い部分のゴムパッキンが劣化してしまい、屋根板を押さえる力が無くなっています。


headlinesstrapline

交換時期を過ぎたポリカーボネート製の波板屋根

columns
豊中市 交換時期を迎えたベランダのポリカ波板
耐用年数の10年を過ぎたポリカ波板は変形して反りかえっていました。

また、硬化によって本来の耐衝撃性が低下している状態です。

くすみや変色も見られ、光も差し込みにくく、ベランダ全体が暗い印象です。


headlinesheadline

ベランダ屋根板のバタつきの原因は?

texts
今回の現地調査の結果、ベランダ屋根板のバタつきの原因が2点が見つかりました。

①屋根材として設置してあるポリカ波板は、耐用年数の10年を超え変形して反りかえている。

②屋根板を枠組みに固定する役目の金属金具が、腐食や劣化により欠損または緩んでいる。




headlinesstrapline

「新しいポリカ波板へ張り替え」と「ポリカフックでしっかり固定」

columns
北摂 設置したばかりのポリカ波板屋根
古くなったポリカ波板は撤去し、新しく張り替えました。

そして、固定具は耐久性が高く衝撃に強い「ポリカフック」を採用し、見た目にもスッキリとおしゃれな印象になりました。


headlinesheadline

ベランダの屋根のメンテナンスって必要?

columns
茨木市 ベランダ屋根の修理を後回しにしていると・・

「ベランダ屋根を設置して10年くらい経ったけど、特にトラブルもないしまだ大丈夫だよね・・」

「今まで一度もベランダ屋根のメンテナンスをしたことがない・・」

弊社ではいつでも無料で「現地調査」を行っております。

理由は一つ。

平時のメンテナンスは「災害対策」になるからです。

そして、ベランダの屋根被害と修理費用を最小限に抑えてくれます。




  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる