豊中市 古い塩ビ波板をワンランク上のポリカ波板へ切り替えのご提案

texts

大阪府豊中市にお住いのご高齢のお客様からベランダ屋根のお困り事についてご相談いただきました。

「二階にある日除け・雨除けのための屋根板が古くなって割れてしまっている。

最近は足が痛くて二階には殆ど上がらなくなったから、そのままにしてしまっていたんだけど、

“見栄えも悪いし、割れた破片が通行人の人に当たったりしたら大変だよ!”って、娘にも指摘されて・・」


columns
北摂 なかなか二階へのぼらなくなったため二階のベランダの状態が分からない
近頃はあまり使用しなくなったという二階のベランダ。

一体、どの様な状態なのでしょうか?

まずは、無料現地調査へ伺わせて頂きました。



headlinesstrapline

殆ど使用しなくなった二階ベランダ

columns
豊中市 支柱の腐食が進んでいる状態のベランダ屋根
こちらがご相談のあった二階のベランダです。

屋根材にはひと昔前に主流だった「塩ビ波板」が使用されています。

そして、古くなった木製の屋根枠・骨組みはかなり腐食が進行している様子です。

さらに近くで詳しく点検していきます。

headlinesstrapline

脆くなってボロボロの波板屋根

columns
豊中市 落下物により穴が空いた二階ベランダ屋根
こちらの写真は、ベランダ上部からの屋根板の様子です。

ご説明するまでもなく、かなり破損が進みボロボロに割れてしまっています。

上からの落下物があったのでしょうか?

コンクリートの塊のような物が屋根上に残っています。

この様に、古くなった塩ビ波板は非常に衝撃に弱く、容易に割れてしまうのです。

破片は風に飛ばされて無くなっていました。

もし、割れた鋭利な破片が人に当たった場合、屋根の修理だけでは済みません。


headlinesstrapline

フレームに固定させるための釘は腐食して抜け落ちてしまっている

columns
豊中市 古くなった塩ビ波板の二階ベランダ屋根
屋根板である塩ビ波板を留めるための釘が殆ど抜けて無くなっていました。

この様な状態では、またいつ飛ばされてもおかしくありません。

恐らく、少し強めの風が吹き込んだ際にバタづいているはずです。

非常に危険な状態である事をお写真と一緒に詳しくご説明させていただきました。

そして、可能であれば、なるべく早めに古い波板屋根と腐食の進行した骨組み・枠組みは、「解体・撤去」する事をご提案いたしました。



headlinesheadline

新しい屋根材はポリカーボネートをご提案

columns
北摂 ベランダ屋根の状況をお伝え
現在、ベランダ屋根の大定番となっている人気の「ポリカーボネート」素材

ポリカーボネート(ポリカ)とは聞き慣れない名前かと思いますが、強化プラスチックとも呼ばれる非常に衝撃に強い素材のプラスチック素材です。

その魅力は一言でいうと「安価で高寿命」という事です。

さらに、現場でカットできる程に加工性が高く、様々なシーンで使用されています。




headlinesheadline

御見積もりまででもOK!

columns
北摂 設置したばかりのポリカ波板屋根
▲ポリカーボネート波板(写真はブラウンカラー。クリアタイプも採光性が高く人気。)

「古いベランダ屋根をどうにかしたい」「割れたまま放置してしまっているけど、どうしたらいいのかわからない」「張り替えたいけど、費用面が心配」

御見積もりだけでももちろん結構です!

お客様に全ての面でご納得いただける方法がベストと考えておりますので、他社と施工内容・費用を比較して頂いてももちろん構いません。

「ベランダ屋根救援隊」ではいつでも無料で現地調査へ駆けつけます。

是非一度、ご利用くださいね!








  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる