豊中市 台風で飛ばされたカーポートのポリカーボネート屋根

texts

「先日の台風で、自宅のカーポートのポリカーボネート(ポリカ)屋根板が飛ばされた。
新しい屋根板に張り替えて欲しい。」

豊中市にお住いのお客様からこのようなご用命をいただきました。

まずは、施工前・施工後のビフォーアフターお写真からご覧ください!



beforeafter
before
豊中市 カーポートのポリカ屋根交換工事ビフォー写真
▲真ん中のポリカ屋根板が台風で飛ばされてスッポリ無い状態。
arrow
after
豊中市 カーポートのポリカ屋根交換工事アフター写真
▲残っていた両脇のポリカ屋根はまだ継続使用できる状態でしたので、抜けていた箇所のみ新しいポリカ屋根を設置しました。
headlinesheadline

まずは無料現地点検を行います

simple
豊中市 飛ばされたポリカ屋根で雨ざらしの状態

◀こちらがお問い合わせのあった豊中市にあるお客様のご自宅前カーポートです。

真ん中の屋根板が飛ばされて消失しています。

この状態では、自転車にお子様を乗せたりする際も雨で濡れてしまい非常に不便です。
headlinesstrapline

錆びて欠損している屋根の枠組み

columns
豊中市 外れたままのポリカ屋根の枠組み

豊中市 白く錆びたベランダ屋根のアルミサッシ

texts
▲こちらは飛ばされたポリカ屋根板が設置してあった枠組みのアルミサッシです。

白い粉の様な物が付着しているのがご確認いただけますでしょうか?

これは、アルミの「白錆び」です。この白錆びが進行していくと腐食が進み、欠損・破損・変形等のトラブルが出てきます

小さなトラブルと思われるかもしれませんが、その結果、屋根板と劣化したアルミサッシの間に隙間が出来ます。

そこへ台風時の様な強風が吹き込むと、軽量のポリカ屋根板は一気に吹き飛ばされてしまいます。

こちらの屋根枠はポリカ屋根板を挟み込み固定していた板金ごと消失しています。

新しくポリカ屋根を設置する際にはこの欠損している板金も新しく設置する必要があります。


headlinesstrapline

汚れが蓄積して雨樋がつまっている

columns
豊中市 壊れたポリカ屋根の押さえ板金
▲外れかかっているアルミサッシ
豊中市 ポリカ屋根の雨樋が苔だらけ
▲ポリカ屋根の雨樋部分にびっしりと生えた苔
texts
家屋の屋根と同様に、ベランダ屋根やカーポート屋根にも「雨樋」(あまどい)と呼ばれる、雨水を集めて排水するための設備が設置されています

長年溜まった塵・埃や、苔・雑草により、雨樋の劣化・枠組みのアルミサッシの腐食が進みます。

その結果、破損や雨漏り等のトラブルが発生しやすくなってしまうのです。

こちらの汚れをしっかりと洗浄してから、新しいポリカ屋根を設置していきます。

このひと手間で、新しいポリカ屋根がより安心で長くお使いいただけるようになります。

headlinesheadline

なぜ「屋根修理前の現地調査」が必要なの?

texts

ベランダやカーポートの屋根が無い状態が続くと非常に不便ですよね。

出来れば、すぐに抜けた・飛ばされた箇所の屋根を新しく設置施工させていただきたいのですが、必ず事前に現地調査を無料でさせていただいております。

その理由は、ベランダ・カーポートの屋根が飛ばされた原因をつきとめるため。

屋根が飛ばされる原因には様々な原因がございます。
新しく設置した屋根がまたすぐに飛ばされたりする事の無いよう、この原因をつきとめて、そこに発生しているトラブルを解決してから新しい屋根板を設置いたします。

せっかく設置したポリカ屋根。

「ベランダ屋根救援隊」では、設置させていただいた屋根を、出来る限り長くお使いいただきたいですし、お客様に余計な修理費用をかけさせたくありません。

どうかご了承ください。

ベランダやカーポートの修理・リフォームのことなら弊社へお気軽にご相談下さいませ。





  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる