台風で飛ばされたベランダ屋根の現地調査と張り替え工事

headlinesstrapline

破損した古い塩ビ波板を「ポリカ波板」へ張り替え

texts

「台風でベランダの屋根板が飛ばされたので、新しい屋根に張り替えて欲しい。」

今回は、吹田市在住のお客様からこの様な修理依頼をいただきました。

beforeafter
before
豊中市 アルミの腐食対策済のベランダ屋根・躯体
台風でベランダの屋根が飛ばされ骨組みだけの状態

もともと設置されていたのは「ガラスネット入り塩ビ波板」でした。

しかし、耐用年数を過ぎた波板は強風や飛来物の衝突により跡形も無く消失してしまいました。

もはや屋根とは呼べない状態です。
arrowd
after
豊中市 ポリカ波板へ張り替え工事完了


texts
衝撃に強く、耐用年数10年の「ポリカーボネート波板」へ張り替え

ポリカ波板への張り替え工事完了です。
これで、また安心して快適にベランダをお使いいただけます。

紫外線もほぼ100%通さないポリカーボネートはベランダの屋根材にぴったりです。

また、ご心配されていたポリカ波板の固定も、安価だけど劣化しやすいプラフックから、より丈夫で長持ちな「ポリカーボネートフック」へ変更させていただきました。
headlinesstrapline

施工に入る前に必ず事前の現地調査を行います

columns
豊中市 施工前のベランダ屋根
▲施工前のベランダ屋根の状態を見ていきましょう。

こちらは破損したベランダの屋根を下から見上げたところです。
一見してお分かりいただけるように、屋根はほぼ無い状態です。

しかし、このまま直ぐに新しい屋根パネルに張り替える事はできません。

屋根のあった骨組み(躯体といいます)に、白っぽい斑点模様が出ているのがご確認いただけますでしょうか?

これはアルミの「白錆び」です。

こちらを放置してしまうと、折角、新しい屋根に張り替えたとしても、支柱や躯体の腐食が進行して、後々、追加で修理・工事が必要になってしまう可能性がでてきます。

新しい屋根を張り替える前に、腐食した躯体の補修作業も合わせて行います。
columns
豊中市 劣化したガラスネット入り塩ビ波板
▲こちらは飛ばされずに残っていた古い屋根材です。

これはひと昔前に主流だった「塩ビ波板(ガラスネット入り)」です。

安価で加工しやすいため人気の屋根材でしたが、耐用年数は3~5年と短く、また、経年により硬化して破損しやすい状態になってしまうというデメリットがありました。

こちらの塩ビ波板も耐用年数を超え、茶色く変色し、破損・ヒビが確認できましたので、お客様と相談し、撤去し全て新しくポリカ波板に張り替える事になりました。


headlinesstrapline

ポリカ(ポリカーボネート)とは?

texts

なんといっても「衝撃に強い」のがポリカーボネートの特徴です。

「強化プラスチック」とも呼ばれ、防弾材料としても使用される程の耐衝撃性を誇ります。

ポリカなら、耐用年数10年と長く、紫外線もほぼ通さないため、長い期間で快適におすごしいただけます。
カラーも豊富で、ガラスと同等の透明度の物から、くすんだカラーの物まで、ご希望に合わせてチョイスしていただけます。

headlinesheadline

ポリカ波板への張り替え工事なら「ベランダ屋根救援隊」へ

texts

「ベランダ屋根救援隊」は大阪・北摂地域密着型の屋根専門修理・リフォーム会社です。

豊中市・箕面市・池田市・高槻市・吹田市・茨木市・摂津市でしたらどこよりも早くかけつけます。

強引な勧誘や不要なセールス等は一切行っておりません。

どうか安心してお気軽にご相談くださいませ。
  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる