豊中市 台風により穴やヒビだらけのベランダ屋根

columns
豊中市バルコニー屋根交換

今回も大阪の北摂地域、豊中市の戸建てのご邸宅へ伺って参りました。

「台風により穴やヒビだらけになってしまったベランダの屋根を新しく交換してほしい!」とのご依頼です。
columns
豊中市 バルコニー屋根裏側
こちらはベランダ屋根を下から見上げたところです。
全体的に茶色く変色して暗い印象です。
こちらの様な、ひと昔前に主流であった屋根材である「アクリル波板」ですと、日差しによって黄色や茶色に変色してしまうのです。

IMG_8443
「アクリル波板」の劣化がかなり進んだ状態です。
アクリル波板の寿命は3~5年です。日々の紫外線や風雨により、硬化が進み、非常に割れやすくなっています。この様な状態になると、少しの衝撃でも容易に破損してしまうので、非常に危険です。地面へ屋根材が落下してしまう可能性も十分に考えらるので、思わぬ事故になりかねません。
columns
豊中市 バルコニーの屋根の穴
経年劣化により、アクリル波板の硬化が進み、少しの衝撃でもこの様に簡単に穴があいたり、ヒビが入ってしまいます。
また、紫外線にも弱いため、屋根の枠組み部分の劣化・腐食も進んでしまいます。
豊中市バルコニー屋根躯体
長年浴び続けた紫外線や風雨により、アクリル波板の屋根が茶色く変色が進み、暗い印象のベランダです。
これでは、せっかくお洗濯物を干しても、陰干しの様になってしまいます。
万が一、台風等が来た場合、非常に破損しやすく危険な状態です。

headlinesheadline

テラスやベランダの屋根素材なら「ポリカーボネート」素材がおすすめ

columns
綺麗なポリカ屋根

▲現在、ひと昔前の「アクリル波板」や「塩化ビニール板」に変わり、バルコニー・テラスの屋根材として主流になっているのが、「ポリカーボネート」という素材です。

「ポリカーボネート」というと聞き慣れない方も多いかと思いますが、衝撃に非常に強く、紫外線をほぼ通さないという
特徴があります。
そのため、航空機や医療機器、キャリーケースやスーツケースにも使用されています。
headlinesheadline

進化型プラスチック「ポリカーボネート」とは

headlinesstrapline

耐衝撃性がトップクラス

texts
ポリカーボネートの強度はガラスの250倍。ハンマーで強打しても割れません。
その強度は防弾材料として使用される程の耐衝撃性なのです。
航空機や軍事製品の素材としても使用されています。
もちろん、地震が起きても破損・飛散することがありません。

headlinesstrapline

紫外線をほぼ100%カットします

texts
ポリカーボネート素材は紫外線をほぼ通さないというメリットがあります。
また、ベランダ自体の劣化を緩和してくれたり、
カーポートの屋根材として使用した場合では、紫外線から自動車の塗装の劣化も防いでくれる効果があります。
お洗濯物干しの際も、紫外線を気にせずベランダへ出る事が出来ます。

headlinesstrapline

寿命は約10年

texts
以前の「塩化ビニール」や「アクリル波板」の屋根ですと、持って3~5年。
進化したプラスチック「ポリカーボネート」の寿命は約10年です。
ベランダやテラスの屋根材として使用するのであれば、より長くお使いいただける「ポリカーボネート」がおすすめです。

headlinesheadline

自然災害の後にはお問い合わせが殺到します

texts

予期せぬ自然災害。

台風通過後にはお問い合わせが殺到してしまい、修理に伺うまでにお時間がかかってしまう場合も。

だからこそ、特にトラブル等が見当たらなくても、設置から三年~五年程経過していましたら、
一度「無料点検・調査」をご利用頂くことをおすすめしております。

「こんなことなら、早めに来てもらえばよかったわ・・」

「メンテナンスしておけば被害も費用も、もっと抑えられたのに・・」

残念なことに、そうおっしゃるお客様が実に多いのです。
headlinesheadline

大阪北摂地域密着型「ベランダ屋根救援隊」へお気軽にご相談ください

columns

「ベランダ屋根救援隊」は大阪北摂地域密着型の地元の方々に愛される、屋根専門のリフォーム会社です。

経験豊富な屋根リフォーム専門のスタッフがどこよりも早く駆け付けます。

もちろん、無理な勧誘等は一切行っておりませんので、
お客様から他のお客様をご紹介いただくことも多くなっています。

どうか、お気軽にお電話でも、お問い合わせフォームからでも、ご連絡くださいませ。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。


  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる