高槻市 台風被害を受けたベランダ屋根の被害状況

texts

「去年の台風でベランダの屋根が全て飛ばされてしまった。そろそろ、張り替え修理をしたい。」

と、高槻市のお客様からご依頼を受けました。

屋根が飛ばされてから1年以上経過してしまったという事です。

家屋の屋根ならともかく、ベランダの屋根という事で特に緊急性を感じなかったとの事。

早速、現地へ点検・調査に向かいます!


headlinesstrapline

ご自身で応急処置されたベランダ屋根

columns
高槻市 養生されたベランダ屋根

▲台風被害を受けたベランダ屋根の点検・調査をしていきます。

大きなブルーシートで雨養生されています。こちらはご自身でなさったという事です。


headlinesstrapline

土のうとして園芸用の土袋が置かれている

columns
高槻市 ご自身で養生されたベランダ屋根

▲ブルーシートの上に置いてある袋は、ご自身で置かれた土のうの役割をしてくれるものです。

土のうとは、布袋の中に土砂を入れて使用する土木資材の事をいいます。

しかし、上写真の様な園芸用の土袋では万が一、ビニールが破けた場合に大変な事になります。

雨水で濡れた目の細かい園芸用の土ですと、屋根の上で泥水へと変わってしまい、屋根の雨樋を詰まらせ破損・雨漏り等を引き起こしてしまう恐れが出てきます。



headlinesstrapline

破損した屋根の骨組み

columns
高槻市 台風被害でベランダ屋根の屋根抑え板金が破損

▲こちらはベランダ屋根が設置されていた枠組み・骨組み部分です。

屋根板として使用されていたポリカーボネート板を設置するための板金が壊れてしまっています。

また、屋根ごと飛ばされてしまったのか、何か所も設置されているはずの板金が無くなってしまっています。


こちらのベランダの様に、ポリカ屋根が全て飛ばされ、さらに屋根を設置する骨組みが破損・欠損してしまっている場合は新しく屋根の枠組みごと交換・設置する必要があります。



headlinesheadline

壊れたままのベランダの屋根を放置してしまってはいませんか?

texts

「ベランダの屋根は無くてもどうにかなるから後回しでいいか・・」

「どこに修理を頼んだらいいのかわからない・・」

そうしているうちに、ベランダ屋根が壊れてから長い時間が経っていませんか?

屋根の無い状態のままベランダをそのままにしてしまうと、「床面・壁面の劣化」「ベランダ下階・室内への雨漏り」「屋根の骨組み・支柱の劣化」に繋がります。

そうなってしまうと、修理費用もさらに膨れ上がってしまう事になるのです。


texts
屋根の無い状態が長期間続く事により、本来は屋根で守られているはずのベランダの骨組みや雨樋設備、床面・壁面等が雨ざらしになり錆びて劣化します。

そうなると、屋根の修理だけではすまなくなってしまいます。

headlinesheadline

ベランダ屋根の修理はお早めに!

texts

吹田発!「ベランダ屋根救援隊」は、大阪北摂地域密着型の屋根修理業者です。

対応エリアは、吹田市・池田市・箕面市・豊中市・摂津市・茨木市・高槻市になります。

どこよりも早く駆けつけます!
  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる