高槻市 同時修理がおトク!「ベランダ屋根の無料点検」

texts
今回は、高槻市在住の方からのベランダ屋根修理のご依頼です。

「二階の庇(ひさし)に設置してあった金属製のカバーが捲(めく)れて落下してしまった。修理してほしい。」

とのご要望です。

早速、現地調査へ向かいましょう!

※庇(ひさし)とは・・・家屋の開口部に付いている日除け・雨除け用の小型の屋根の事をさします。


columns
高槻市 無料現地調査のあったお客様宅
▲現場へ到着

こちらの建物の二階部分にある庇の屋根カバーが強風によって剥がれ、捲れ落ちたという事です。

どの様な状況でしょうか?

詳しく点検していきます。
columns
高槻市 ポリカ屋根上にある庇の金属屋根材が剥がれた事で現地調査
▲下から見上げた二階ベランダ屋根

こちらのベランダ屋根は二重になっています。

薄いパープルに見えるポリカーボネート屋根のさらに上部に、もともと設置してあった庇が透けて見えます。

columns
高槻市 捲れて飛散したベランダの庇の金属屋根材
▲落下した二階ベランダの庇に張ってあった金属屋根カバー材

強風でめくれ上がり落下したベランダの庇の屋根材です。

かなり錆びて劣化しています。

この様な物が上から落ちてきた場合、人にケガを負わせてしまう可能性が高く非常に危険です。

こちらは廃棄し、新しい金属屋根材を設置していく必要があります。


columns
高槻市 変色したベランダのポリカ屋根
高槻市 劣化したベランダ屋根のポリカ平板
texts
▲ご依頼のあった庇の下に後付けで設置されたベランダのポリカ屋根

こちらも、同時に点検させていただきました。

ポリカーボネートという強化プラスチックを使用されています。

設置して15年近く経過するとの事で、ポリカの寿命(約10年)を超えている状態です。

ポリカ板の変色・変形がすぐに確認できました。

この状態のまま継続して使用された場合、変形して反ったポリカ屋根板とアルミサッシの隙間に風が吹き込み、飛散してしまう恐れがあります。

また、ポリカーボネートの最大の特徴である「高い耐衝撃性」が劣化による硬化により低下してしまっていますので、落下物等があった場合、非常に破損しやくなっています。

こちらのポリカ屋根の張り替えも同時に行う事をご提案させていただきました。



columns
高槻市 古くなったベランダ屋根上部の無料点検
▲上から見下ろした古くなったポリカ屋根と金属カバー材が剥がれた庇

庇の修理施工を行う為には、高所作業となるため「足場」を設ける必要があります。



headlinesheadline

トラブル箇所を同時に修理した方がオトクな理由

texts
ベランダの屋根修理は高所作業ですので「足場」が必要になります。

足場は、設置するのに約10~15万円程(土地面積や修理を行う階数によります。一度ご相談下さい。)費用がかかります。

今回、二階ベランダの庇部分の修理を行う予定となりましたが、同時に劣化したポリカ屋根の交換・張り替え工事を行うことをご提案した理由として、この足場費用があります。

再度、別でポリカ屋根の修理を行う場合、この足場費用が再度必要となります。

今回ご依頼のあったベランダ庇部分の修理とポリカ屋根交換工事を同時並行した場合、この足場費用が一回で済ませる事ができる場合があるのです。

同時並行が難しいケースももちろんございますので、詳しくは弊社の「無料点検・御見積もり」をぜひお気軽にご利用くださいね。

  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる