高槻市 古いアクリル素材のベランダ屋根の現地調査

headlinesstrapline

台風による飛来物・強風により破損してしまった古いアクリル屋根

columns
豊中市 古いアクリル素材のベランダの屋根

現在、ベランダの屋根材としてすっかり定番になった「強化プラスチック・ポリカーボネート」

しかし、設置したのが少なくとも15年以上前(ポリカーボネートが出る前)の場合、そのほとんどが「アクリル板」または、「塩化ビニール波板」になります。

今回は、池田市のご自宅からのベランダ屋根の修理依頼をいただきました。
「台風による飛来物や強風で、ベランダの屋根がボロボロになってしまったので、新しい屋根板を設置してほしい!」
との修理依頼です。

早速、「ベランダ屋根救援隊」が、現地調査へ伺いました。
columns
豊中市 大きく穴の開いたベランダの屋根
破損が激しいアクリル屋根板

まずは、ご依頼のあったベランダの屋根を下から見上げてみました。
大きく穴が開いています。台風時に上から飛来物が落下し、破損したようです。
こちらの屋根板はひと昔前に主流だった「アクリル板」を使用されていました。寿命はたった3~5年。
耐用年数はとうに過ぎていた状態です。
豊中市 大部分が破損したベランダの屋根
衝撃に弱く、寿命も短いアクリル板の屋根

こちらもベランダの屋根を下から見上げたところです。
ここまでバキバキに破損してしまうのは、現在、ベランダの屋根材として主流である「ポリカーボネート」ではほぼあり得ません。
紫外線により変色し、ヒビも入っているのが確認できました。劣化が進み、容易に割れてしまう状態にあります。
万が一、割れた屋根材の破片が人に落下してしまうと大変危険です。

columns
豊中市 劣化したベランダの床拡大
紫外線にも弱い昔の屋根材

こちらはベランダの床面です。塗装が剥げて、排水溝周りも錆びて腐食しています。
昔の屋根材は紫外線に弱く、ベランダ全体の経年劣化も防ぐことが難しかったのです。
豊中市 割れたベランダの屋根材
飛散したヒビだらけの屋根材

こちらは破損した屋根の破片です。非常に鋭利な形状で、この破片がご自宅の下へ飛散したのです。
幸い、この破片によりケガを負った方はいらっしゃいませんでしたが、次の自然災害が来る前に、早急に修理を行う必要があります。
headlinesheadline

現在は「ポリカーボネート」が主流

columns
綺麗なポリカ屋根

▲こちらは現在主流の「ポリカーボネート」のベランダ屋根です。

ひと昔前、少なくとも15年以上前にベランダの屋根材として主流だったのが、今回の高槻市のご自宅のような「アクリル板」や「塩ビ波板」でした。しかし、耐用年数が3~5年と非常に短く、また、日差しによる劣化が早く、衝撃にも弱いという特徴がありました。

しかし、現在のベランダの屋根材の定番は「ポリカーボネート」という素材です。

その特徴は何といっても「衝撃に強い」ということです。防弾材料としても使用される程です。

そして、「耐用年数が約10年」と長期間、安心してお使いいただけます。

「紫外線はほぼ100%通さない」という事もあり、ベランダの屋根材としてはもちろん、カーポートにも使用されています。

headlinesstrapline

ポリカーボネートには「平板」と「波板」の二種類があります

columns
ポリカ平板
人気のポリカ平板

見た目もすっきりとしていて、スタイリッシュな平板タイプ。加工もしやすく、カーブさせる事も可能です。
紫外線はカットしつつ、光も十分に取り入れる事ができます。
ポリカ波板
平板に比べてお手頃な価格のポリカ波板

設置する際、板と板の間が空かないように、重ねて留めていくため、より雨漏り等のトラブルを回避できます。
最近では、あえてこちらの波板を選択し、レトロな雰囲気を楽しむお客様も増えています。
headlinesheadline

ベランダの屋根の事なら、何でもご相談くださいませ

texts
「ベランダ屋根救援隊」では、ベランダ屋根のトラブルはもちろん、

「設置して3年以上経った。」「台風が来る前に一度点検してもらおうかな。」

という方にも「無料点検・調査」のご利用をおすすめしております。

どうか、お気軽に下記のフォームからお問い合わせくださいね。

「ベランダ屋根救援隊」スタッフ一同、心よりお待ちしております。
  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる