【プロが選ぶ】高機能!最新のプラスチック製屋根材とは?

columns
北摂 台風被害のあったベランダのプラスチック製屋根
台風で一番被害を受けやすい住宅設備はどこかご存知ですか?

それは、直接、激しい雨や風に晒される「屋根」や「外壁」「窓」等です。
その中でも特に被害を受けやすいのが、ベランダ屋根に使われているプラスチック製の屋根材です。

そして、最も多いベランダ屋根の被害が「台風による強風で飛ばされてきた飛散物(家の屋根材やアンテナ等)がベランダのプラスチック屋根に落下して割れてしまった。」というものです。

今回は、「屋根修理のプロが選ぶ・最新のプラスチック製屋根材」をご紹介いたします。

また、「過去に流行ったベランダ屋根材」と併せて、実際に弊社に修理依頼のあった「台風通過後のベランダ屋根の被害状況」をご説明いたします。


headlinesheadline

過去によく使われていたベランダ屋根材

headlinesstrapline

塩化ビニール製の波板(塩ビ波板)

columns
抜けおちた屋根パネル
▲こちらは修理依頼のあったお客様のご自宅二階のベランダ屋根です。
真ん中の屋根パネルが飛ばされて無くなってしまっています。

使用されている屋根材はひと昔前に流行ったプラスチックの一種、「塩化ビニール製の波板」(塩ビ波板)です。

ただ、屋根材の様な紫外線が比較的あたる場所への長期利用が求められる素材としてはお勧めできません。
耐用年数を迎える頃には、この様に激しく黄ばみ、簡単に割れてしまう状態になっています。
この状態になると強風程度でも割れて吹き飛ぶ事例が数多くあります。
headlinesbyline texts
・柔軟で加工がしやすい
・安価
headlinesbyline texts
・太陽光や風・雨に弱い
寿命は3~5年程度


headlinesstrapline

ガラスネット入り塩ビ波板

columns
ガラスネット塩ビの波板の劣化左下から
▲こちらのお宅の物干しスペースの屋根材は「ガラスネット入り塩ビ波板」を使用されています。

塩ビ波板の中に、ガラス繊維ネットが挟み込まれている屋根板です。

経年劣化によりどんどん脆くなり、台風等で飛来した落下物が屋根板に落下すると、この様にバキバキに割れてしまいます。こちらも長期利用には向かない素材です。
headlinesbyline texts
・通常の塩ビ波板に比べると強度は多少高い
headlinesbyline texts
・寿命は5年程度


headlinesheadline

ベランダ屋根材に適した素材とは?必ずおさえておくべき4つの条件

texts
「じゃあ、どんな素材がベランダの屋根材に適しているの?」

災害に強く高機能な屋根材は、以下の4つの特徴を持っていることが条件です。
headlinesstrapline

①衝撃に強く割れにくい

simple
北摂 衝撃に強く割れにくいプラスチック製屋根材とは?
台風時の飛散物が衝突しても割れない強い素材。
これが、台風等の災害に強い屋根材としての必須条件です。

ベランダの屋根は、大切な住居を衝撃物から守ってくれる大切な役割があります。
ハンマーで叩いても割れないレベルの耐久性が必要です。
headlinesstrapline

②採光性が高く、紫外線もカットしてくれる

simple
北摂 採光性の高いプラスチック屋根材とは?
ベランダの屋根材としての役割は、雨除け・日除け(シェード)だけではありません。

室内に明るい光を取り込みたいという方も多くいらっしゃいます。

また、光はとりこみながらも、気になる紫外線はしっかりカットしてくれる効果があれば、大変魅力的です。
headlinesstrapline

③自己消化性がある

simple
北摂 最新のプラスチック屋根材は自己消化性を持つ
自己消化性とは、「自ら消化し炎の拡大を抑える効果」の事をさします。

自己消化性をもつ素材を屋根材として使用する事は、火災や予期せぬ自然災害への備えとなり得ます。


headlinesstrapline

④安価で寿命が長い

simple
北摂 安くて高機能なプラスチック屋根材とは?
何と言っても、最終的には価格が重要になってくるのではないでしょうか?

高寿命で長く安心して使用できる素材が屋根材としてベストです。
headlinesheadline

プロが選ぶ!ベランダの高機能プラスチック製屋根材「ポリカーボネート」

columns
綺麗なポリカ屋根
上記4つの条件、全てを満たしてくれる屋根材というのが
「ポリカーボネート」という高機能プラスチック製屋根材です。

別名「強化プラスチック」「進化型プラスチック」と呼ばれることもあります。

とにかく衝撃に強く割れにくいのが最大の特徴です。

ベランダ屋根に設置した場合、強風で飛ばされてくる瓦や看板等の様々な飛来物からベランダを守ってくれます。

さらに、耐用年数は約10年と高寿命のため長期利用が可能です。

headlinesstrapline

ベランダ屋根には高機能プラスチック製屋根材の「ポリカーボネート」がピッタリ!

columns
ポリカ平板
ポリカ波板
texts
高機能プラスチック製屋根材「ポリカーボネート」

衝撃に強く、比較的安価で高寿命のためベランダの屋根材としてピッタリの素材です。

ポリカは屋根材としてはもちろん、その高い強度を生かして「ヘルメット」「防護盾」「飛行機の内窓」等にも使用されています。

これからベランダに屋根を取り付けようかとお考えの方、また、古い屋根材を張り替えようかとご検討中の方。

ベランダの屋根材なら、高機能プラスチック屋根材「ポリカーボネート」が絶対におすすめですよ!


headlinesstrapline

ベランダ屋根のことなら北摂地域密着店「ベランダ屋根救援隊」へおまかせ

columns
北摂 ベランダ・ポリカ屋根修理のプロ

弊社では、いつでも無料で現地調査・御見積もりまでさせていただいております。

どうか、お気軽にご相談くださいね。

  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる