吹田市 古いベランダ屋根・・リフォームのご提案

columns
吹田市 台風被害のあったベランダ屋根のリフォーム前現地調査

「台風で自宅の瓦屋根が崩れてしまった。さらに、ベランダの波板屋根も割れてしまっている。修理をお願いしたい。」

台風通過後は、この様なご相談が殺到します。

今回も台風被害を受けたという吹田市ご在住の方からのご相談です。

まずは、現地調査でトラブル箇所をしっかりと点検していきます。

その上で、最適な修理・リフォームプランをご提示いたします。


headlinesstrapline

古い素材の波板屋根は黄ばんで割れている

columns
吹田市 修理前の古いベランダ屋根
こちらが、ご相談のあった吹田市のご自宅です。

二階のベランダ屋根は、ひと昔前に主流であった「塩ビ波板」を使用されています。

安価で加工もしやすく人気の素材でしたが、劣化が早く、約3年程度で衝撃に弱く割れやすい状態になってしまいます。

こちらの塩ビ波板も設置して10年近く経つという事で、非常に割れやすくなってしまっています。

非常に脆くなっていますので、もし、強風等で鋭利な破片が舞ってしまった場合、通行人を傷つけてしまう可能性が高く非常に危険です。

この古い屋根板は撤去して、現在ベランダ屋根材として定番となっている「ポリカーボネート」(強化型プラスチック)へ張り替えリフォームする事ををおすすめいたしました。

※ポリカーボネートとは?・・・別名・強化プラスチック。非常に衝撃に強く、台風等の自然災害からベランダを守ってくれます。安価で高寿命、紫外線カット効果もあり、昨今、ベランダの屋根材といえばこのポリカが選ばれます。



headlinesstrapline

木製の屋根枠は腐食が進んでいる状況。目隠しシェード用波板も割れやすくなっている。

columns
吹田市 ベランダの目隠し用波板(シェード)
吹田市 ベランダの塩ビ波板屋根が割れている様子
texts
上左写真はシェード(目隠し)用の波板が設置されています。

しかし、こちらも古い塩ビ波板のため、黄ばみ、破損しやすくなっていました。

そして、波板はもちろん、屋根の枠組みもかなり古くなっています。

木製のため、腐食が進んで脆くなっている状況です。

この枠組みに新しい屋根材を設置する事も、もちろん不可能ではありません。

しかし、より長く安全にお使いいただく為には、新しいアルミサッシの枠組みへリフォーム工事をすることをご提案いたしました。

headlinesheadline

古くなったベランダのリフォーム工事もお任せください!

columns
吹田市 ベランダリフォームのご相談もベランダ屋根救援隊へ

「ベランダを設置して10年以上経過した。屋根も手すりもかなり年季が入ったなぁ・・」

「ベランダの屋根から雨漏りしている・・そろそろどうにかしないと・・」

そんな風に感じてらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

そんな時は、是非、弊社の「無料現地調査&御見積もり」をご利用ください。

屋根リフォーム&修理のプロがしっかりとあなた様のご自宅の状態を点検の上、適切なリフォームプランをご提案いたします。

御見積もりだけでももちろんOK!

お気軽にご相談くださいませ。

  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる