吹田市 破損の激しいベランダ屋根の現地調査

texts

今回は吹田市のお客様からの現地調査依頼です。

「ベランダの屋根が古くなってほとんど割れてしまった。新しく屋根板を設置してほしい。」

とのご要望です。

headlinesstrapline

早速、現地調査を開始します!

columns
吹田市 台風で飛ばされたベランダ屋根の無料現地調査

屋根の殆どが無くなってしまっている状態

まずは、ご依頼のあったベランダの屋根を下から見上げてみます。

屋根は劣化しバキバキに割れて消失しています。
かろうじて残っている屋根材は、長年浴び続けた日光により茶色く変色しています。

この屋根材は、ひと昔前に主流だった「塩化ビニール波板(ガラスネット入り)」です。

安価で加工しやすいため人気の素材でしたが、耐用年数は3~5年と短く、また、日差しにより劣化が進むと破損しやすいというデメリットがあります。



simple
吹田市 腐食が進んだベランダ屋根の支柱

腐食の進行した木製の支柱

こちらはベランダの屋根を支えている支柱の足元部分です。

腐食が進み、倒壊の危険があります。

この様な場合には修繕工事も必要になってきます。

放置期間が長いと、土台の全てを取り換えしなければなくなる場合もあります。
そうすると、費用もどんどん上がってしまいます。
simple
吹田市 飛散したガラスネット塩ビ波板の屋根の破片

地面に散らばった古い屋根の破片

こちらは、壊れた古い「塩ビ波板」の破片です。

この様に断面が鋭利な破片が飛散してしまうと思わぬトラブルに繋がっていきます。

強風により、この屋根の破片が下を歩行中の人へ落下し、ケガを負わせてしまう可能性もあるのです。
headlinesheadline

昨今、ベランダの屋根材なら「ポリカーボネート」が定番

columns
人気のポリカーボネート波板

▲こちらは「ポリカーボネート」という素材を使用したカーポートの屋根

とにかく衝撃に強く、紫外線もほぼ100%通さない、また、耐用年数は10年と長く、「ポリカーボネート」はベランダの屋根材としてピッタリの素材です。

そして、「平板」と「波板」タイプがあり、お好みや用途に合わせて加工可能なのも、ベランダ屋根板として重宝される理由です。
columns
ポリカの耐衝撃性

強化プラスチックと呼ばれる程のポリカ。
その耐衝撃性は防弾材料としても使用される程です。
台風の強風で飛ばされてくる落下物からしっかりと守ってくれます。
ポリカの耐熱性

気温差の大きい季節でも、安心して過ごすことが出来ます。
真夏の日差しから室内をしっかりと守り、冷房効率の低下も防いでくれます。
columns
ポリカの透明性

ガラスと同等の透過性をもつポリカ。
紫外線をほぼ100%通さない上、室内やベランダを暗くすることなく採光性にも優れています。

ポリカの加工性

現地でカットし設置できる程、加工性の高いポリカ。
平板タイプであればカーブさせたりすることも可能なので、デザイン性に富んでいます。
headlinesstrapline

ポリカ屋根の設置工事なら「ベランダ屋根救援隊」へ

texts

台風の多発する9・10月は特に修理依頼が殺到します。

「ひび」「黄ばみ」「隙間」「変形」等、劣化のサインが見られましたら、お気軽に弊社へご相談ください。

スタッフ一同、心からお待ちしております。
  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる