吹田市 台風で落下したポリカ屋根の無料現地調査

texts

今回は吹田市のお客様からご連絡をいただきました。

「先日の台風による強風で、二階のベランダ屋根が外れて落下してしまったので修理して欲しい。」

とのご要望です。

また、費用についても大変ご不安をお持ちでしたので、調査終了後、現状についてお伝えしながら、修理方法をお客様と話し合いの上決めさせていただきました。
headlinesheadline

現地調査を始めていきます

columns
吹田市 ベランダのポリカ屋根の無料現地調査

こちらが今回修理依頼のあったご自宅です。

下から見上げてみたところ、奥の一枚のポリカ屋根(ポリカーボネート素材の屋根)だけが残り、他のポリカは落下してしまったとのことで、無くなってしまっています。

これでは雨や日差しがそのままベランダに入りこんでしまい、お洗濯物も安心して干すことができません。

また、このまま放置しておくとベランダ全体が雨ざらしになり、劣化も進んでしまいます。
columns
吹田市 一枚だけ残ったベランダのポリカ平板
一枚だけ残ったポリカ平板

ベランダ屋根を下から点検します。

今回、落下はしませんでしたが、設置して10年程経過しており、ポリカ屋根の耐用年数を迎えたタイミングになります。

吹田市 ベランダ屋根のアルミサッシ点検
躯体の点検

ベランダ屋根の枠組みの事を「躯体(くたい)」と呼びます。
こちらも腐食による劣化等が無いか、破損や変形等していないか、丁寧に確認していきます。

幸い、躯体に目立つ様なトラブルは見られなかったため、このまま新しいポリカ平板を設置出来ます。

headlinesstrapline

落下したポリカ平板も点検

columns
吹田市 落下したベランダのポリカ平板
劣化し破損・変色したポリカ平板

「費用を抑えるためにもこのポリカ平板を再利用したい。」

とのご希望でしたが、点検したところ破損しており、変色や随所に変形・ヒビがみられました。

また、ポリカの耐用年数である10年が経過しており、新しいポリカ平板に張り替えしてしまった方が、余計な費用をかけずにまた長くお使いいただける事をお伝えさせていただきました。

headlinesheadline

調査結果についてお伝えいたします

texts

お客様のご自宅について、どこにトラブルが見られたか、または、このまま継続して使用できる箇所はあったか等を、
お写真や動画で分かり易くご説明いたします。

点検の様子や屋根・その周りの躯体や支柱の状態をその場ですぐにご確認いただけます。

分からない事や、ご不安な事がございましたら何でもお気軽にお聞きください。





headlinesheadline

御見積もりをご提示します

texts

台風等によるベランダ屋根の修理費用。

想定外の出費に皆様ご不安をお持ちになるのは当然のことです。

「ベランダ屋根救援隊」では、数パターンの御見積もり書を、お客様のご要望に合わせてご提示させていただくことも可能です。

お見積もりご提示後のご相談・ご質問等についても何なりとお申し付けください。

ベランダ屋根修理のプロが、誠意を持ってお答えさせていただきます。


  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる