吹田市 「台風対策」としてのベランダ屋根点検と調査

texts

みなさまご想像の通り、台風通過直後は私ども屋根専門の修理業者にはお問い合わせが殺到します。

そのため、修理に取り掛かるまでにお時間をいただいてしまう場合がございます。


headlinesheadline

今回は、吹田市在住の方からの点検・修理依頼です

texts

「台風による強風で二階のベランダ屋根が落下した。もし可能であれば、費用を抑えるためにも落下した屋根板をそのまま設置して欲しい。」

とのご依頼です。


点検・調査後、状況をお伝えしてお客様と費用面についても話し合いながら修理計画を立てていきます。


headlinesstrapline

ベランダ屋根の点検と調査を開始

columns
吹田市 飛ばされたベランダの屋根

こちらが今回ご依頼のあった吹田市にあるご自宅の二階ベランダ屋根です。

向かって右側のポリカ板が無くなってしまっている状態です。


columns
吹田市 ハシゴをかけてベランダ屋根調査開始

▲ハシゴをかけて、ベランダ屋根上部からの点検と調査を進めていきます。
columns
吹田市 ベランダ屋根の枠組みの劣化状態

吹田市 壊れたベランダ屋根の枠組み

texts
▲ポリカ板が設置されていた枠組み(躯体)を詳しく見ていきましょう。

一見、綺麗に見える躯体ですが、白錆びがかなり進行している状態です。

全体定期に腐食が進み、劣化が顕著に表れています。

そして、ポリカ板を挟み固定していた箇所も台風による強風で煽られたことにより破損しています。

この状態ですと、現在破損している箇所のみ修理したとしても、またすぐに他の箇所に同じようなトラブルが発生してしまいます。


columns
吹田市 落下したベランダ屋根のポリカ平板

▲こちらは落下したベランダ屋根のポリカ板です。

黄ばみや細かなヒビや傷が目立ちます。

「可能であれば、修理費用を抑えるためにもこのポリカを再利用して欲しい。」

との事でしたが、この状態では経年劣化により変形し、非常に衝撃に弱くなってしまっているため、無理に設置したとしてもまたすぐに落下または飛散してしまう可能性が高いです。


headlinesstrapline

調査結果をお伝えし最適なプランをご提案

columns

撮影したベランダ屋根のお写真をお客様と一緒に確認していきます。

ベランダ屋根の支柱と枠組み部分の破損・劣化が激しく、屋根だけではなくこの支柱と枠組み全てを新しいものへ交換するのが長期的に見てもより経済的に負担が少なく済む事をお伝えしました。

落下したポリカ板も破損・変形しているため、支柱・枠組み・屋根板、全て新しく交換する事をご提案させていただきました。

また、費用面でもお客様がご納得いただける方法を一緒に検討いたしました。




headlinesheadline

定期的なベランダ屋根の点検と調査は「台風対策」になる

texts

今回の様に、台風被害により、まだ使用できた可能性のあるベランダ屋根が破損等で継続使用が難しくなってしまうケースは少なくありません。

台風被害を受けてからではなく、台風被害を事前に防ぐためにも、平時のベランダ屋根メンテナンスは重要な役割を担っています。

ベランダ屋根の無料点検・調査のご依頼はお気軽に「ベランダ屋根救援隊」へ。

屋根修理専門のスタッフがどこよりも早く駆けつけます。
  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる