吹田市 台風で吹き飛ばされたベランダの屋根パネル

headlinesstrapline

吹田市 ベランダ屋根の経年劣化による台風被害

texts

九月も末になり、だんだんと涼しい日も増えてきました。
また、この季節にやってくるのが「台風」です。
毎年、台風後にはベランダ屋根の修理ご依頼のお問い合わせが殺到します。

ベランダやテラスの屋根の経年劣化は「パネル」だけではありません。
屋根パネルを留めている「ビス」や「フック」ももちろん劣化していきます。



columns
北摂 テラスの屋根リフォーム

今回、大阪北摂地域にあるご自宅へ伺いました。

「台風で二階ベランダの屋根パネルが二枚、飛んで行ってしまった。新しく張りなおして欲しい」とのご要望です。

早速、屋根のプロが点検・調査をしていきます。


columns
テラス屋根下から
こちらはベランダを下から見上げたところです。
躯体(屋根の枠組み部分)は綺麗な状態です。こちらのお宅では屋根材として「ポリカーボネート」素材を使用されているため、紫外線をほぼ100%カットしてくれています。
そのため、躯体部分も紫外線から守られており、目立つような劣化はなく綺麗な状態です。

IMG_50011
こちらも下から見上げた躯体部分です。
変形等していないか、腐食等の劣化はみられないか、留め具一つ一つ慎重に点検していきます。
幸い、躯体や支柱に目立ったトラブルは無く、すぐに新しい屋根パネルを取り付けることが出来ました。
headlinesheadline

新しいポリカパネルの取付が完了しました

beforeafter
before
IMG_4996
スッポリ抜けてしまった二階ベランダ屋根パネル。せっかくの素敵なご自宅が残念な印象になっています。
このまま放置してしまった場合、屋根の躯体や支柱に雨や紫外線等のストレスが与えられ続け、錆びて腐食し躯体ごと交換しないといけない可能性も出てきます。早めの修理が大切です。
arrow
after
吹田市アフター
新しく屋根パネルが設置されました。
留め具も「プラスチックフック」から、より劣化に強い「ステンレスフック」へ変更し、しっかりと固定されました。
headlinesheadline

定期的なメンテナンスが必要

texts

「ベランダ屋根救援隊」では、無料で「点検・調査」を行っております。

それはなぜかというと、お客様から見えない(見る事が不可能)な個所にこそ劣化のサインが出ている場合がほとんど
だからなのです。

例えば、わかりやすい劣化のサインとして、
「黄ばみ」「変色」「変形」「ヒビや傷」がございます。

しかし、実際に屋根の上に登らないと点検が出来ない箇所が、屋根板を躯体(枠組み)に留めて固定している
「フック」や「ビス」といった小さな部品です。

目に見える劣化が無い場合でも、台風等の自然災害が多くなる季節の前には一度、
弊社の「無料点検・調査」をご利用いただくことをオススメします。
headlinesstrapline

「ビス」や「フック」も劣化します

texts

ベランダやテラスの台風被害で一番多いのが、「屋根が突風で飛ばされてしまった」という被害です。
屋根パネルと同じように、パネルを固定している「ビス・フック」も経年により劣化していきます。

プラスチック素材のフックが使用されている場合、長年浴びた日差しにより焼けてボロボロであったり、
割れてしまっていたりします。
金属製の金具であっても、経年していくにつれ、錆びて腐食していきます。
そんな時に台風のような強風に煽られた場合、劣化していたフックやビス、金具は容易に外れて屋根ごと飛ばされてしまうのです。
headlinesheadline

自然災害の多発する季節の変わり目には一度「無料点検・調査」をご利用ください

texts

「ベランダ屋根救援隊」では、いつでも「無料点検・調査」を行っています。

また、無理な勧誘等も一切行っておりません。

どうかお気軽にご相談くださいませ。
columns
お問い合わせ

  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる