吹田市 ポリカ屋根のくすみと破損

simple
破損したベランダ屋根
今回、『ベランダの屋根が破損してすっぽりなくなってしまった…』というご依頼を受け、調査に伺ってきました!

左の写真は、今回伺った現場のベランダです。
見ての通り、お洗濯物を干すベランダの屋根が破損し、半分すっぽりとなくなって雨ざらしになっていました。
これでは外出中の急な雨や、少しの通り雨でお洗濯物が濡れてしまいますし、風雨をガードする屋根がないと窓やベランダの床もすぐに汚れてしまいますね・・・

simple
ヒビが入ったベランダ屋根
残っている屋根部分を拡大した写真です。
見てみると一見目立ちませんが、大きなヒビが入ってしまっていました。

パッと見は大した事はないように見えても、このまま放置していると、今後強風や台風などで屋根材が割れて飛散してしまいかねません。
お家の方やご近所の方を巻き込む事故にもなりかねないのです。
simple
ベランダ屋根に使われるポリカ平板
この部分は一見ヒビもなく、問題ないように見えますが、経年劣化によりポリカーボネート材がくすみ、透明度も格段に低くなって日差しを遮ってしまっています。

ベランダの屋根がくすんだり、黄ばんで透明度が落ちると、ベランダ全体が暗くなってしまいます。
せっかくのお洗濯物の渇きも悪くなりますし、なにより本来お部屋に入ってくるはずの日差しがにグンと減ってしまって、室内全体の明るさにも影響しますね。
columns
ポリカーボネート平板
屋根の破損や劣化は日々の生活に直接関わり、放置しておくと事故に繋がるリスクがあります。
割れにくい強度や耐久性があり、更に透明度の高い素材がオススメです。

ポリカーボネート材は、思い切り叩いても割れない高強度を誇る素材です。
これまで主流であったアクリル材の約30倍の強度があり、非常に割れにくいです。
透明度もとても高く、更に紫外線を吸収してくれる素材です。
また、地震や火災などの災害時、屋根の自己消化性も重要なポイントです。
ポリカーボネート材は、火元が消えれば自ら消化する働きをする素材です!

あなたのお家のベランダの屋根も改めて見てみてください。
破損したり、強風で飛散してしまいそうなヒビが入っていませんか?
経年劣化で、色落ちやくすみ、黄ばみが発生するとベランダだけでなく、
お部屋がどんより暗くなってしまいます。

し少しでも気になる部分があれば、これを機にあなたのベランダ屋根もポリカーボネート材にして、
すっきり明るく安全で気持ちのいいベランダにしてみませんか?
simple

  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる