吹田市 台風被害を受けた古い素材のベランダ屋根

texts
今回は、吹田市のお客様からの修理依頼です。

「台風で屋上にあるベランダの屋根がほとんど割れて無くなってしまったので、新しく屋根を設置してほしい。」

とのご依頼です。

早速、現地調査へ向かいました。

headlinesstrapline

台風により、屋根の大部分が消失してしまった

simple
桃山台 ベランダの屋根の修理依頼

こちらが今回、お問い合わせいただいたお客様のご自宅のベランダです。

主に洗濯物干しに使用されているというこちらのベランダ。

屋根がバキバキに割れて消失してしまっています。

これでは快適に家事を行う事ができません。

また、残っている屋根材は非常に脆くなっているため、強風等で割れた破片が飛んできたりする可能性も大いにあります。




headlinesstrapline

ひと昔前に主流だった「塩ビ波板」

columns
桃山台 ガラスネット入り塩ビ波板の破損

こちらは飛ばされずに残っている屋根材です。

「塩化ビニール素材」「アクリル素材」は、当時、「安価で加工しやすい」という理由で広く使用されていましたが、耐用年数は3~5年とかなり短く、また、経年劣化により変色・硬化し非常に破損しやすくなってしまうというデメリットがありました。

これはガラスネット入りの塩ビ波板といい、通常の塩ビ波板に比べると強度は上がりますが、それでも耐用年数は変わらず約3~5年と短めです。
そして、この様にバキバキに割れてしまう事は、現在、ベランダの屋根材として主流の「ポリカ―ボネート」ではまずありえません。
columns
桃山台 ベランダ屋根交換前の現地調査

屋根の無い状態でベランダを放置し続けた場合、さらに修理コストがかかってしまいかねません。

それは、屋根を支えている「支柱と骨組み部分」の劣化です。

屋根の無い状態が長期間続くと、雨や埃・塵等により、金属部分の腐食がどんどんと進行してしまいます。

そうなると、屋根に留まらず、支柱ごと交換という大掛かりな工事になってしまいます。

こちらのベランダの金属部分は多少錆びが見られるものの、問題なく新しい屋根パネルを設置できる状態でした。

早めにご連絡いただけて本当に良かったです。
headlinesheadline

現在、ベランダの屋根材は「ポリカーボネート」が定番に

columns
ポリカ波板を固定するステンレスフック

▲こちらはポリカーボネートの波板です。

ポリカにはベランダ屋根材としてのメリットが沢山あります。
その中でも代表的なのが「耐衝撃性の高さ」と「耐用年数10年」という事です。

「強化プラスチック」と呼ばれるポリカ。防弾材料としても使用される程の強さを持っています。

そして、何といっても10年という寿命の長さが魅力です。



columns
ポリカ平板
こちらは人気のフラットな平板タイプのポリカです。

ガラスと同等の透過性と紫外線をほぼ通さないポリカーボネート素材。

またカーブさせたり等、加工も可能なため、ポリカ平板は弊社でも一番人気です。
ポリカ波板
こちらは波板タイプのポリカです。

設置のしやすさと、平板に比べて若干価格が低くなるポリカ波板。

また、繋ぎ部分を波板同士で重ねて設置していくので、雨漏りしにくいという魅力もあります。
headlinesheadline

ポリカ屋根の設置は「ベランダ屋根救援隊」におまかせください

texts

特に大型の台風が多発するこの季節。

ぜひ一度「無料点検・調査」をご利用いただいてはいかがでしょうか?

台風によるベランダの屋根被害の約半数が、事前の簡易的なメンテナンスで予防できたという症例が毎年の様に見られます。

余計な費用をかけないためにもぜひ一度、「ベランダ屋根救援隊」へご相談下さい。


  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる