吹田市 強風で飛ばされた二階ベランダのポリカーボネート屋根

columns
吹田市 抜け落ちたベランダ屋根

「台風による強風で、ベランダの屋根板が一枚飛ばされてしまった・・
まだ設置して数年だったのになぜだろう・・
とにかく抜けてしまっている屋根板の設置をお願いしたい。」

今回、現地調査に伺ったのは吹田市のお客様のご自宅二階ベランダです。

向かって一番左端のポリカーボネート屋根板が一枚無くなっています。

屋根を支えていた支柱や枠組みへの被害はないかも含めて点検させていただきます。

headlinesstrapline

現地調査を開始!

columns
吹田市 ビスが腐食して緩んだ状態のベランダ屋根押さえ板金
▲屋根板が一枚だけ外れてしまったベランダ
吹田市 白錆びが確認できるベランダ屋根サッシ
▲屋根が設置されていた枠組み部分の腐食が進行している
texts
上写真は、屋根板が設置されていたアルミの枠組みです。

白錆び、また塵や埃が溜まっている様子が分かります。

この塵や埃が付着した状態が続くとアルミの白錆びへと進行していきます。

まずは、この汚れを拭き取り、錆びている部分については補修塗装を施していきます

こうすることにより、新しく設置するポリカ屋根をより長くお使いいただけるようになります。


columns
吹田市 ゴムパッキンが劣化したベランダ屋根枠

吹田市 腐食の進んでいるベランダ屋根サッシ

texts
▲こちらは飛ばされた屋根板が設置されていた箇所の枠組みです。

黒い紐の様なものが屋根枠から突出しているのはご覧いただけるでしょうか?

これは、ゴムパッキンです。劣化により伸びて切れています。

このゴムパッキンは、屋根板と屋根枠の隙間を埋めて風や雨水の侵入を防いでくれる重要な役割を持っています。

この様に、パッキンが劣化で切れている場合、屋根板と枠組みの隙間に風が吹き込み、ポリカ屋根が飛散してしまう可能性が高くなります。


columns
吹田市 継続使用できそうなベランダポリカ屋根
▲飛ばされずに残っているポリカ屋根です。

多少の劣化はみられますが、まだ継続して使用できそうです。


headlinesstrapline

現地調査の結果は?

texts
今回の調査の結果、まずは、屋根の枠組みサッシの錆びの補修施工・ゴムパッキンの取り換え施工が必要と判断しました。

そして、最後に新しいポリカ屋根を設置させていくという修理計画をご提案させていただきました。

お客様に、実際に撮影したお写真を見ていただきながら丁寧にご説明差し上げております。

不明な点・費用面についてのご相談も、お気軽にご相談下さい。


headlinesstrapline

新しいベランダのポリカ屋根の設置完了!

columns
吹田市 張り替え工事後のベランダ屋根
▲吹き飛ばされて消失していた左端の屋根板の設置が完了いたしました!

これでまた快適にお過ごしいただけます。

今回は、お客様のご希望で費用を抑えるためにも、残っていたポリカ屋根を継続使用することになりました。

しかし、どうしても新しい屋根材と既存の屋根材には色の差が出てしまいますので、そちらが気になるという方は全て交換することももちろん可能です。

「ポリカ屋根・ポリカ波板」のことなら弊社へご相談くださいね。
  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる