吹田市 屋根の無い状態が続いたベランダ

texts

長期間、ベランダの屋根が無い状態が続くと、どの様なトラブルが起こりうるのでしょうか。

今回は吹田市在住の方から、

「去年の台風で二階のベランダの屋根が全て飛ばされてしまった。近頃は二階で洗濯物干しをしていなかったので、ついつい放置してしまっていた。でも、見栄えも良くないので新しい屋根パネルを設置して欲しい。」

との修理依頼です。

headlinesstrapline

早速、現場調査へ向かいます!

columns
吹田市 全て抜け落ちたベランダ屋根

▲こちらがご依頼のあったご自宅です。

見上げて見ると、おっしゃられていた通り二階のベランダの屋根が全く無い状態です。

この様に、「直接室内に影響があるわけではないし、また今度でいいや・・」とベランダの屋根修理を後回しにしていると、さらに大変なトラブルが発生してしまう可能性が高くなります。

もちろん、そうなった場合は修理費用もさらにかかってしまうことになりがちです。
columns
吹田市 屋根の無いベランダのアルミサッシ

ベランダ屋根の枠組み部分

元々、設置してあったのはポリカ屋根(ポリカーボネート素材の屋根板)です。

そのポリカ屋根が無くなり、剥き出しとなっている屋根の枠組み。
雨ざらしの状態で、さらに塵や埃の付着による腐食が始まっています。

吹田市 白錆びしているベランダ屋根のアルミサッシ

白く錆び始めたベランダ屋根の枠組み

こちらも屋根の設置してあった枠組みになります。
本来、ポリカ屋根で守られている部分です。

茶色の枠組みに白っぽい斑点が所々に表れている事がお分かりいただけますでしょうか?

これは、腐食が始まっているというサインです。

腐食が進行すると支柱ごと交換という大掛かりな工事になる可能性もでてきます。
columns
吹田市 ベランダ屋根の雨樋

こちらはベランダの上の瓦屋根の雨樋設備

こうした設備もベランダの屋根が強い日差しから守り、劣化を防いでくれています。
そして、外壁やベランダの床も同じくベランダの屋根が劣化を防いでくれているのです。

ベランダの屋根が無い状態が長く続くと、ベランダ全体の劣化を防ぐことができなくなってしまい、

「腐食による支柱の倒壊」「日差しや雨風による外壁のひび割れ」「ベランダの床の破損・損傷による下階への雨漏り」

等、最初の時点ではみられなかったトラブルが発生してしまいます。

調査の結果、こちらのベランダでは腐食している屋根の枠組みを補修・清掃してから、新しいポリカ屋根を設置することになりました。



headlinesheadline

メンテナンス不足は余計に費用がかかる

texts

ベランダ屋根のメンテナンス不足で起きるトラブル

自然災害による被害を受けやすい」「躯体(屋根の枠組み)の腐食」「室内への雨漏り(外壁のヒビが原因)」「ベランダの下階への雨漏り(ベランダの床の防水塗装の剥がれ等が原因)」等


すぐに修理していたら、屋根板だけの費用で済んだはずです。
特に室内へ「雨漏り」をしてしまうと、屋根だけの工事では済みません。

ベランダ屋根のトラブルはなるべく早めに「ベランダ屋根救援隊」へご相談ください。

下記のお問い合わせフォームから、いつでも「無料相談・点検」を受け付けています。

強引な勧誘やセールスは一切行っておりませんので、安心してお問い合わせください。

  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる