吹田市 損壊したベランダ屋根

simple
一部剥がれたベランダ屋根
普段は意識されないかもしれないベランダ屋根ですが、修繕や交換のお問合せは思いのほか多いです。

屋根の損害は、老朽化によるものだけではなく、台風など風災による被害で修繕・交換が必要になる場合もあります。

今回は吹田市にお住まいの方から
「屋根材がすっぽりなくなってしまった!」とのご依頼があり現場に向かいました。
simple
剥がれたベランダ屋根の調査
実際に現場に伺うと、屋根材3枚のうち2枚がすっぽりなくなっていました。

残っている屋根材を見たところ、元々は日差しを遮るタイプのものを使っていたようです。

でもこれでは日差しも雨も遮る事が出来ません。
お洗濯物を干していて急に雨が降ってきたら、慌てて帰らなくてはいけませんね。
simple
風で飛ばされたベランダ屋根
現場のベランダから見上げた写真です。
躯体は老朽化しておらず、屋根部分だけがすっぽり剥がれてしまっています。

丈夫な屋根材を新しく設置する必要がありますね。

以前、ベランダの屋根材はアクリルが主流でしたが、アクリルは熱や紫外線に弱く、経年劣化で割れやすいです。
texts
近年はポリカーボネートが主流です。
快適なお住まいづくりに役立つ以下の特徴があります。
columns
耐熱性
電子レンジや冷凍庫でも使用可能なほど優れた耐熱性が認められます。
耐熱温度は120℃~130℃と樹脂の中では高めの耐性があります。
耐候性
高温低温どちらの状況にも強い素材で、高温の環境、低温の環境、また温度差の激しい環境にも快適に対応します。


耐衝撃性
樹脂・プラスチックの中でも高レベルでの耐衝撃性を誇ります。ハンマーで強打しても割れることはありません。

columns
加工性の高さ
軽量かつ変形しにくいためカットなどの加工に向いています。
着色性もあるのでデザイン性の高いシーンに対応しやすいのが特徴です。
高い透過性・透明性
ガラスと同等の透明性がある上に紫外線をカットする能力が高く、劣化が少なく済みます。その高い透過率を活かし、携帯電話の前面パネルに使用されるなどしています。
simple
ポリカ設置完了したベランダ屋根
新しいポリカーボネート屋根を設置させていただきました。
夏の暑い日差しを遮ることが出来、かつ視界を遮らず開放的ですね。
洗濯物を干したまま、外出中に急な雨が降ってきても、慌てて帰る必要はなさそうです。

texts


ベランダ屋根の破損や劣化は、放置しておくと今後の風災で飛来物が窓に直撃したり、屋根材が落下する事故にも繋がります。
破損のほか日焼けやくすみなどがありましたら、即修理・交換をオススメ致します。
  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる