吹田市 ベランダ屋根の波板が破損、雨漏れ

simple
吹田市ベランダ屋根の劣化破損


ベランダ屋根の波板は年月を経て劣化し、

材質が変化してもろくなります。

吹田市のお宅のベランダ屋根が

破損して抜け落ちている部分があるため

調査に伺いました。


texts


columns
吹田市ベランダ屋根の劣化破損部分下から
波板が劣化により硬化してもろくなっています。
建物の屋根の下の波板は、直接日光や雨があたっていないおかげで破損は免れています。
吹田市ベランダ屋根の劣化破損部分
抜け落ちずに残った波板部分も同じように経年劣化をおこしているので、新しい波板に交換することをおすすめします。
texts


建物のメンテナンスは そのうちしたらよいかな?

建物に被害が出てから直せばよい?


建物の外装の劣化は、一見みつけにくいものです。
経験豊かなプロの調査を受けて、建物の被害を早期発見することが大切です。


あなたのお宅では、建物の経年劣化の対策を行っていますか。

メンテナンスをじゅうぶん行っていても建物への劣化被害は避けられない自然現象です。地上にある物は全てその対象といえます。すべての消費財と同じように建物も建てたときから劣化が始まります。


texts


simple
吹田市ベランダ屋根の劣化破損で天井侵食
こちらのお宅では、2階の防水効果の低下した部分から雨水が建物内部に侵入して、1階の天井に雨漏れのシミが浮き上がっています。天井の壁紙に染みでてきているということは、天井を支えている梁も雨水を染みこんでいます。

 雨漏りの原因場所は、屋根以外の可能性もあります。 壁やベランダ、窓廻りなどいろいろなところから雨は入ってくるのです。 どこから雨漏りしているのか原因箇所を特定するのはたいへん難しいと思います。

texts


headlinesstrapline

自然劣化や天災による被害 どう対処すればよいの?

texts
建物の劣化は、自然劣化や天災による被害などの外部環境が影響しておこります。

自然劣化は、建物が建設されてから建物がなくなるまで進行し続けます。
特に影響を受けやすい部分は、常に外気にさらされている屋根や外壁、サイディング(外壁材)のシーリング(隙間を埋める材料)部分とされています。

雨にさらされる窓やガラス戸に使われるシーリング材の耐用年数は一般的に10年といわれているので、建物の中でも注意しておく必要がある箇所です。シーリングが切れると、そこからどんどん雨が入っていきます。壁の中の防水シートが不完全だと雨漏りにつながる危険な場所です。

屋根がないベランダの窓やガラス戸は、風雨が直接あたります。建物の劣化がすすむ前にベランダ屋根の設置をおすすめします。

ベランダ屋根でお困りのお客様、お電話一本で現場に伺います!
地域密着ならではの即日スピード対応を心がけております。


あなたのお悩み
わたしたちにお任せください!

わたしたち『ベランダ屋根救援隊』は、あなたの家のベランダ屋根をプロの目で調査し、お客様のご要望にお応えします。
ベランダ屋根のお問い合わせは、当ホームページよりお気軽にお問合せください。



  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる