吹田市 瓦の落下によりカーポートのポリカ屋根が穴だらけになった

texts
先日、屋根修理のご依頼があったのは吹田市のお客様宅からです。

「台風による強風で、自宅の瓦屋根が外れて落下した。その瓦が自宅前のカーポートに何個も落下し、カーポートが穴だらけになった。何とかして欲しい。」

との事です。

一体、どの様な状況なのでしょうか?

早速、現地の吹田市へ駆けつけます!




columns
吹田市 穴の開いたポリカ屋根の無料点検
▲屋根の修理依頼のあった吹田市のご自宅に到着



headlinesstrapline

穴だらけのカーポート

columns
吹田市 穴だらけのカーポートのポリカ屋根
▲ご自宅の瓦屋根の瓦が落下し破損してしまったという玄関前のカーポートのポリカーボネート(強化プラスチック)屋根

予想以上に広範囲に渡り破損しています。

こちらのカーポート、設置したのは約15年程前との事で、ポリカの耐用年数である10年を過ぎて、非常に衝撃に弱い状態になっていたと考えられます。

columns
吹田市 瓦が落下して破損したカーポートのポリカ屋根
吹田市 台風で瓦が落下したカーポートのポリカ屋根
texts
▲割れて穴だらけのカーポート

耐用年数を過ぎたポリカは本来の「粘り」がなくなり、「硬化」している状態です。

つまり、非常に衝撃に弱くなっているのです。

headlinesstrapline

未だ落下物が残るカーポートのポリカ屋根

columns
吹田市 カーポートのポリカ屋根に未だ残る落下物
▲カーポート上にはまだ瓦屋根からの落下物が残っている

耐用年数を超えたポリカ屋根には沢山の劣化サインが表れています。

「くすみ」「変色」「ひび割れ」「変形」がそれに当たります。

しかし、特に傷やトラブルが無い場合でも古くなったポリカは間違いなく「硬化」しているのです。

columns
吹田市 ポリカ屋根が車を守ってくれた
▲幸い、ポリカ屋根が落下物から自動車を守ってくれたおかげで自動車には目立つ様な傷は見当たらなかった

「ポリカ屋根にしといて、本当によかったわ・・」

お客様から自然とその様なお言葉が出てきました。



headlinesstrapline

ご自宅の瓦屋根がカーポートに落下

columns
吹田市 ご自宅の瓦屋根の状況
▲ご自宅の瓦屋根上部

いくつもの瓦が剥がれて、飛ばされたり下へ落下して無くなっています。


headlinesstrapline

人に当たっていたらと考えると恐ろしい・・

columns
吹田市 落下した瓦と割れたポリカ屋根の破片
吹田市 台風で落下した瓦屋根の破片
texts
▲カーポートに落下した瓦と、その際に割れ落ちたカーポートのポリカ屋根の破片

この様な物体が人に当たっていたら・・と考えると非常に恐ろしいです。




headlinesstrapline

ベランダ屋根の「災害への備え」していますか?

columns
ベランダ屋根にピッタリの素材って?

ご自身でのベランダ屋根の「災害への備え」

一体何が出来るのでしょうか?

残念ながら、ご自身で出来る事には限界があります。

何故ならベランダ屋根に限らず、屋根は実際に屋根の上に上って点検しなければトラブルが見つからない場合が殆どだからです。

かなりの高所作業になるため、屋根点検をご自身で行う事は非常に危険です。

平時の「屋根メンテナンス」は、台風等の自然災害から屋根被害を最小限に抑えてくれます。

弊社ではいつでも無料で「現地調査・点検」へ伺わせていただいております。

ぜひ、ベランダやカーポートの屋根の「安全対策」としてご利用いただければと思います。


  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる