摂津市 ベランダのプラスチック屋根・現地調査を大公開!

columns
摂津市 ベランダ屋根トラブルでお悩みならベランダ屋根救援隊へ
texts
「自宅の2階ベランダのプラスチック屋根が雨漏りする。

あと、ベランダの手すり部分の壁がボロボロと剥がれ落ちてしまって中身が見えてしまっている。」

大阪府摂津市にお住いの方からこの様なご相談を頂きました。

早速、屋根修理のプロが、トラブルの原因となる箇所を見極め、最適な修理計画を立てていきます。

今回も、現地調査の様子をお写真とともに詳しくご紹介します!

headlinesheadline

修理依頼のあった摂津市のご自宅に到着

columns
摂津市 古いベランダのプラスチック屋根
こちらが今回、ご依頼のあった摂津市のお客様宅です。

2階ベランダに設置されているプラスチック屋根が、変形して反り返っているのがご確認いただけますでしょうか?

さらに、近くで調査を進めてまいります!

headlinesstrapline

ベランダの屋根板を点検していきます

columns
摂津市 脆くなっているベランダのプラスチック製屋根板
摂津市 黄ばんだベランダのプラスチック屋根
texts
こちらが雨漏りトラブルが発生しているというベランダ屋根です。

屋根材として設置されているのは、プラスチックの一種「塩ビ波板」(塩化ビニール製の波板)です。

安価で加工しやすいため、ひと昔前までベランダや物置等の屋根材として人気でした。

しかし、寿命は約3~5年。

劣化するにつれ、非常に割れやすくなり、また、変形して反り返っていきます。

長期利用には決して向いているとは言えません。

headlinesstrapline

ベランダの手摺り壁を点検していきます

columns
摂津市 ベランダの手すり部分の外壁(コンクリート)は剥がれ落ちている
摂津市 剥がれた外壁が飛散したベランダ周囲
texts
上写真は、外壁が剥がれ落ちてしまっているというベランダの手摺り壁の外側です。

手摺りの外壁であるコンクリートが剥がれてしまっています。

外壁が剥がれ落ちている箇所以外にも、クラック(ひび割れ)が多箇所に出来ています。

このクラックの隙間に雨水が張り込み、中の素材が膨張して表面の外壁が剥がれ落ちてしまったと考えられます。

ひび割れ以外にも、表面が膨れ上がってきたりした場合にも、内部へ雨水等が入り込んでしまっている可能性があります。

columns
摂津市 外壁が剥がれ落ちて内部の木材が剥き出しのベランダ囲い
次に、手摺り壁の内側を見ていきましょう。

上写真は、ベランダの手摺り壁の内側部分です。

表面の外壁がかなりの範囲で剥がれ落ち、内部の木材が丸見えになっています。

お客様にお話しを伺ったところ、内側にも以前からひび割れが多数出来ていたという事でした。

ひび割れ(破損部)から水が入り込み、膨張した木材により表面が剥がれ落ちた様です。

下地である木材も腐食して傷んでいる状態です。

headlinesheadline

調査の結果は?ベランダトラブルの原因の解明

columns
摂津市 ベランダ屋根トラブル修理はベランダ屋根救援隊へ
今回の現地調査の結果です。

①ベランダ屋根の雨漏りトラブルの原因とは?

古くなった塩ビ波板は硬化し、変形して反り返った状態でした。

波板タイプの屋根板の場合、板と板を重ねて設置していきます。

しかし、変形し反り返った塩ビ波板は板と板の重なり部分の隙間がかなり空いてしまっていました。

その隙間から雨水が侵入してしまい雨漏りしてしまったと考えられます。


②手摺り壁の外壁が剥がれ落ちた原因とは?

ベランダやバルコニーは、設置して10年以上経過すると表面に、ひび割れや塗装の剥がれが起きやすくなってきます。

この破損箇所に雨水等の水分が入り込み、内部の土台(木材や鉄筋等)が膨張します。

その結果、表面の防水塗装や材質を押し上げてしまい、外壁が剥がれ落ちてしまったと考えられます。

今回、調査をさせていただいた建物は築40年を超えていましたので、他の箇所にもひび割れがいくつも表れている状態でした。

headlinesheadline

ベランダ屋根に最適!最新のプラスチック屋根材とは?

columns
北摂 設置したばかりのポリカ波板屋根
現在、ベランダのプラスチック屋根材として定番化しているのが「ポリカーボネート」です!

「ポリカーボネート?なにそれ?」

なかなか聞き慣れない名前ですよね。

実はポリカーボネート(ポリカ)はプラスチックの一種です。

しかし、従来のプラスチックとはまるで違う高機能な「進化型プラスチック」なのです。


headlinesstrapline

①非常に衝撃に強い!

texts
とにかく衝撃に強く、割れにくいというのがポリカの最大の特徴です。

その強度は防弾材料として利用される程。

「ヘルメット」「防護盾」「スーツケース」等にも使用される程の耐久性を誇ります。
headlinesstrapline

②寿命が長く高コスパ!

texts
以前に主流であったプラスチック屋根板の「塩ビ波板」や「ガラスネット入り波板」等に比べると少しお値段は上がります。

しかし、耐用年数は約10年と高寿命!

その上、衝撃に強く、台風等の災害からベランダをしっかりと守ってくれます。

ベランダ屋根の様な長期利用が求められる材質として、ポリカはピッタリの屋根材です。

headlinesstrapline

③紫外線をほぼ完全にカット!

texts
ベランダの屋根材としてはもちろん、カーポートの屋根材としても利用されているポリカ。

その理由の一つが「紫外線カット効果」です。

紫外線を浴びる事で、自動車の塗装は色あせていきます。

ポリカは紫外線をほぼ100%カットしてくれるため、カーポートとしても非常に人気の屋根材です。

もちろん、ベランダでの物干しの際も、ポリカなら気になる紫外線をしっかりと防いでくれます!

カラーも上写真の様なブロンドカラーから、ガラスと同等の透過性を誇るクリアタイプまでお好みに応じてチョイス可能です。


headlinesstrapline

ポリカ屋根への張り替え、ベランダ廻りのトラブルならおまかせください!

columns
摂津市 ベランダのプラスチック屋根の修理ならおまかせください

「ベランダのプラスチック屋根・・どこに修理を頼めばいいの?」

「屋根以外のベランダトラブルでも対応してくれる?」

この様なお悩みや疑問をお抱えの方は、是非、私どもにご相談ください。

いつでも、無料で現地調査・御見積もりまでさせていただいております。

まずは、お気軽に下記のお問い合わせフォームをご利用くださいね!

  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる