摂津市 抜けおちたポリカ平板パネル

「ポリカーボネート平板パネルが、台風の強風で外れてしまった」

高槻市にお住いの方から修理の依頼を受けて、屋外の屋根の専門スタッフが現地に向かいました。
台風の強い風にあおられて、アーチ形の屋根に設置していたポリカーボネート板が外れて落ちてしまったとのことでした。

アーチ型の屋根支柱
設置してから数年の屋根パネル。
ポリカーボネートは丈夫で長持ちする特徴を持っているので、パネルが強い風で壊れる事がほとんどないので安心です。
また、ポリカ平板は加工性に優れているので、こちらのカーブのあるデザインやさまざまな形状・環境に合わせて曲げやカットをすることができます。
しかし、ポリカ平板を支柱に固定するフックやビスがゆるんだり、劣化して壊れているところに風が吹き込んでパネルがあおられて、今回のように軽量なポリカパネルが外れてしまうことがあります。

アーチ型の屋根支柱上から
支柱の枠に劣化や傷みは見られないので使用可能です。
ポリカ平板パネルを支柱の枠に挟んで、ネジで固定していました。しかし、ネジがゆるんで平板パネルは外れて落下してしまいました。
外壁に固定している支柱
外壁と支柱の接合部のコーキング材(隙間を埋める素材)の劣化はないようです。
金属製の支柱の垂木材(たるきざい)の溝に平板パネルを差しこんで設置します。
ネジ(固定具)のゆるみがないか、壊れていないかを定期的に点検するようにしていただきたいと思います。
今回の被害で、ほとんどの屋根パネルが抜けおちたので、残った数枚もすべて外して地面にまとめて置いています。

再利用が可能なパネルと併せて、欠けている部分には同質のポリカ平板パネルを設置することをご提案しました。


忙しい毎日のなかで、屋外に設置している屋根の状態は気にはなっていても、定期的に点検することは難しいと思います。
また、屋根パネルを固定しているフックやビスのゆるみや破損を点検するためには、屋根パネルの上から見る必要があります。

点検の際、はしごや踏み台にのぼって高所で作業をすることになるので、つまづきや転落の恐れがあり大変危険です。
できるだけ専門の業者に点検していただきたいと思います。多くの屋根業者が無料の点検や調査を行っていますので、ぜひご利用ください。

ベランダ屋根のことで分からないことはありませんか。

設置して数年経過していて、パネルの劣化や故障が気になる。
ベランダ屋根を新しいポリカーボネートのパネルに交換したい。
ポリカーボネートについて、詳しく知りたい。など

ベランダ屋根のこと、なんでもお気軽にご相談ください。

『ベランダ屋根救援隊』では、ベランダやカーポートの屋根の点検や調査を無料で行っております。
ぜひ、ご利用ください。

◆お問合せ・ご相談は
 06-6310-0788
  受付時間:9~18時
  平日(月~金曜)