摂津市 雨漏りトラブルのある波板屋根の現地調査

columns
箕面市 古い塩ビ波板の点検開始

「自宅の裏口にかかる雨除けの波板屋根が雨漏りする。そろそろ修理しないといけないと思って連絡しました。」

大阪北摂・摂津市にお住まいの方からのご依頼です。

かなり前から日除け・雨除けとして設置している自宅前の波板屋根の雨漏りトラブルがあるという事です。

早速、現地調査へ向かいました!


columns
DSC_0549
▲ご依頼のあった「雨漏りトラブル」があるという波板屋根

まずは、下から見上げての点検から始めていきましょう。

茶色く腐食した留め具周りの屋根板が破損して穴だらけになっていました。

また、至る所にヒビ割れが確認できます。

屋根板はひと昔前の屋根材「塩ビ波板(ガラスネット入り)」を使用されています。

この塩ビ波板、耐用年数は約5年です。

設置してから10年以上経過しているとの事で、非常に破損しやすい状態になっています。

万が一、台風等で瓦屋根等の落下物があった場合、容易に割れてしまうでしょう。

その割れた破片が飛散し、人を傷付けてしまう可能性もあり非常に危険です。

新しい屋根板に張り替える必要があります。


columns
DSC_05471
DSC_0550
texts
▲波板を設置している骨組みの状態は?

屋根板を固定させている骨組みのサッシが茶色い斑点だらけになっています。

長い間、屋根板が破損し雨漏りしていたため、サッシへ雨水が流れ込み腐食を進行させてしまったと考えられます。

かなり腐食が進行している状態です。

この様な錆びを放置していた場合、金属の腐食がさらに進み穴が開いてしまいます。

穴が開いた場合、サッシ全体の交換が必要となる場合が多く大きな出費になります。

「費用がかかるから・・」と放置しておくと、穴や欠損部分から汚れや雨水が侵入し、さらに腐食を進行させてしまい倒壊の危険が出てきてしまいますので、早めの補修が必要となります。

こちらの骨組みの場合は、これ以上腐食を進行させないためにも「補修コーティング塗装」をご提案させていただきました。


headlinesstrapline

ベランダ屋根材の大定番!「ポリカーボネート」

columns
ポリカナミイタ
新しい屋根材としては「ポリカーボネート」をおすすめさせていただきました。

現在、ベランダの屋根材として定番となっているのは、強化プラスチックとも呼ばれる「ポリカーボネート」です。

防弾材料としても使用される程に衝撃に強く、また、紫外線をカットしてくれる効果もあり、波板タイプ・平板タイプが選べるため、お好みに合わせてセレクト可能です。

現場でカットして設置できる程加工性も高く、様々な形状のベランダやカーポートにフィットさせることが出来ます。

カラーは、グレーで目隠し効果を高めたり、逆に、クリアにして採光性を高める事も可能なので、様々なシーンに合わせてお選びいただけます。


headlinesstrapline

ベランダ屋根としてポリカが人気な理由とは?

columns
耐衝撃性
「強化プラスチック」とも呼ばれるポリカ。

ハンマーで叩いても割れません。

台風等で物が落下・飛散してきたとしてもしっかりとベランダを守ってくれます。
高い透過性・透明性
ガラスと同等の透過性をもつポリカ。

紫外線もカットしてくれる上、室内でも明るくお過ごしいただけます。


columns
耐熱性
耐熱温度は120~130度。
耐寒温度はー100度。

暑さにも寒さにも強いので一年中安心してお過ごしいただけます。


加工性の高さ
現場でカットできる程、加工性に優れています。

より雨除け・日除け効果を上げるために、ポリカ平板タイプをカーブさせて設置する方法が大変人気です。
headlinesstrapline

ベランダ屋根の修理は「ベランダ屋根救援隊」へ!

texts

弊社は大阪北摂地域限定の屋根修理専門修理店です。

吹田市・豊中市・池田市・摂津市・高槻市・箕面市でしたらどこよりも早く駆けつけます!

いつでも無料で現地調査を行っておりますので、下記のお問い合わせフォームへお気軽にご相談くださいませ。
  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる