摂津市 ベランダ屋根の波板ポリカの劣化

劣化が原因! ベランダ屋根のパネルの損壊

ベランダの屋根に降りそそぐ太陽光や紫外線、台風や豪雨の衝撃など、ベランダの屋根材に被害をもたらします

強い日差しや紫外線を浴び続けたり、突風で瓦や看板が飛んできてベランダに激突したり、年月が経って自然劣化するなど、突然のトラブルやさまざまなことが起因してベランダの屋根が割れてしまうことがあります。

ベランダの屋根はいつもあって当たり前のものです。しかし、突然の自然災害で被害を受けてから劣化が進んでいたことに気付き、そこで初めてメンテナンスの必要性を感じることが多いのです。

早めの点検が効果的です。
ベランダの屋根を設置してから10年以上経っている、風が強い日はベランダの屋根からガタガタと音が聞こえる、パネルにヒビ割れがあるなど、小さな変化に気付いたら、すぐに専門の業者に点検を依頼することをおすすめします。
気付かないうちに進んでいるベランダ屋根の劣化。屋根のパネルが損失・損壊してしまうと、コーキング(隙間を埋めること)材を劣化から守れない、ベランダで作業をするとき紫外線を浴びてしまうなど、とても不便を感じます。

今回は、摂津市にお住いの方からお問い合わせがあり、さっそく現場に向かいました。

「高い場所の状態は良くわからないから、すぐに電話した」とのことでした。
3階のベランダ屋根が損壊している建物
3階のベランダの屋根に設置している波板パネルが割れていることに、お客様が気付かれ、ご連絡をいただきました。
ベランダ屋根の損壊を調査
ベランダ屋根の点検は、とても危険な高所作業。
自分で点検や修理はしないでください。
かならず、ベランダ屋根の専門業者に点検や修理を依頼しましょう。
ベランダ屋根の波板が損壊

ベランダ屋根の波板下から

住宅の外側から3連はしごを使ってのぼります。点検の際に、住宅の中へ入って作業することはありません。

10年以上まえに設置したポリカーボネート素材の波板が割れています。
ベランダ屋根のパネルは、経年劣化が原因で変質しており、粘度を失ってたいへん脆くなっていました。台風時に強い風や雨を受けて割れたと考えられます。割れていない他のパネルも同様に劣化がすすんでいるため、全てのパネルを取り外して、新しいポリカーボネートの波板を設置することをお客さまにご提案。金属製の支柱や屋根の軒下や壁との接合部分の傷みは見られず交換や修理の必要はないので、そのまま使用します。

強い日差しや風雨から受けるダメージををやわらげる屋根パネル。
経年や自然環境の影響を受けると様々な化学反応をおこして劣化していました。素材の水分が失われて脆くなると、パネルにヒビが入ったり、割れた破片が落ちて人にあたって重大な事故につながる恐れがあるので大変危険です。
丈夫で長持ちする素材、ポリカーボネートの波板を設置すれば、安心してベランダスペースを活用することができます。

まずは点検、すぐにご連絡を

ベランダ工事梯子掛け
ベランダ屋根の点検、わたしたちにお任せください!
わたしたち『ベランダ屋根救援隊』は、お客さまのお宅へすぐに伺います。
ベランダ屋根専門のスタッフが無料で調査いたしますので、ご安心ください。

ベランダの屋根の色がくすんで日差しをさえぎっている
いつの間にか屋根パネルが割れている
パネルが外れて物干しスペースが狭い

ベランダ屋根のトラブルや困っていること、なんでもお気軽にご相談ください!

お問合せは『お問合せフォーム』より、必要事項をご入力いただき、送信してください。
または、電話でご相談いただくことができます。
06-6310-0788
受付時間:平日(月~金曜)9時~18時