箕面市 劣化して捲れ上がったベランダの波板屋根の修理ご依頼

headlinesheadline

箕面市 劣化してボロボロになったベランダの波板屋根

columns
箕面市ベランダ屋根
大阪府箕面市にてベランダの波板屋根の無料点検に伺いました。
波板を設置してから、かなりの年数が経っているようです。パッと見で何か所も屋根が抜けてしまっているのがわかりますね。
早速、調査を始めていきます!
simple
箕面市ベランダ屋根修理
よく見ていくと、全体的に変色し捲れあがってしまっています。
台風等で、飛ばされてしまった箇所もかなり目立ちますね。
このままでは、雨を防ぐことができないどころか、
台風等の強風で、今ある屋根も飛ばされてしまいそうです。

ご近所等へ衝突してしまったり、人をケガさせてしまったりする可能性も十分考えられます。
お住まいの方々にとっても落下等の可能性もあり、
非常に危険な状態です。


simple
箕面市ベランダ屋根修理
こちらは屋根の下部の躯体(骨組み)部分になります。
かなり錆びてしまっており、あちこちに傷みがでてしまっている様子です。
鉄部は錆びて、腐食してしまうと危険です。
20年以上経過してくると、あちこちに傷みがでてきます。
きちんとメンテナンスしていきましょう。


headlinesheadline

アクリル板とポリカーボネート板

texts

ベランダの波板屋根。
ある日突然、台風や強風等で吹っ飛んでいってしまったら、大変ですよね。
見た目はまだまだ大丈夫そう!という屋根でも、設置年数が経つうちに確実に劣化しているのです。

少し前までのベランダ屋根材の主流はアクリル板。

見た目で素材が分からないという場合、設置したのが15年以上前であれば、アクリル板でしょう。
アクリル板は劣化が進んでいくと硬化して非常に割れやすい状態になります。
台風のあと、バキバキに割れている屋根があったら、アクリル板でしょう。

今の主流はポリカーボネート!

アクリル板との最大の違いはズバリ「粘り」です。

1.衝撃にとにかく強い!
ハンマーで叩いても壊れない。防弾材料に使用されることも。
一般的なガラスと比べて、200倍以上の耐衝撃性に優れています。

2.ガラスの様な透明度!
ガラスと同様の透明性を持ち、カメラレンズに使用されるほど。

3.紫外線をカットしてくれる!
ガラスやアクリル板は紫外線を通してしまいます。
ポリカーボネートなら、日差しの強いお洗濯日和でも安心してお洗濯をできますね。

4.自己消化性がある!
火をつけても燃え広がらないという自己消化性を持ち合わせています。








texts
点検・調査・御見積もり 無料!!
火災保険の申請のお手伝いもさせていただきます。

ご自宅のベランダ屋根の修理のご相談・ご依頼は、
「ベランダ屋根救援隊」
までお気軽にご連絡ください!
  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる