池田市 設置して約20年経過したベランダ屋根の現地調査・点検

texts

「強風で二階の物干しスペースの屋根板が一枚だけ飛ばされてしまった。修理して欲しい。」

先日、大阪府池田市の方からこの様な修理依頼をいただきました。

どの様な状況でしょうか?

早速、ベランダ屋根救援隊はご自宅のある池田市へ向かいました。


headlinesstrapline

一枚のみ飛ばされているベランダのポリカーボネート製屋根板

columns
池田市 強風でベランダの屋根板が1枚のみ飛ばされている
こちらは修理依頼のあった二階のベランダ屋根を下から点検している様子になります。

ご相談いただいた通り、屋根板が1枚スッポリと飛ばされてしまっています。

headlinesstrapline

屋根板を固定させるためのネジが緩んでいる

columns
池田市 ネジがゆるゆるのベランダ屋根板金
飛ばされた屋根板を固定するためのネジが緩んでいます。

この様な比較的小さなトラブルは、業者による定期的なメンテナンスで防ぐことができます。

ネジの緩みを放置してしまうと、屋根板が飛ばされてしまう被害へと発展してしまいます。



headlinesstrapline

耐用年数を過ぎたポリカーボネートは劣化している

columns
池田市 ヒビ割れているベランダ屋根の修理前点検作業
池田市 劣化により変形がみられるベランダ屋根板
texts
ベランダ屋根材として使用されているのは「ポリカーボネート(ポリカ)」と呼ばれる強化プラスチックです。

非常に衝撃に強く安価で高寿命で、ベランダの屋根材として定番となっています。

こちらのポリカは設置して20年近く経過するとの事。

ポリカの寿命は約10年。

寿命を過ぎたポリカ屋根には、ヒビ割れや変形等の劣化サインが多箇所に見られました。


headlinesstrapline

屋根のフレーム(骨組み)が歪んでいる

columns
池田市 雨漏りの原因となるベランダ屋根枠の歪み・変形
池田市 ベランダ屋根の歪んだフレームは交換時期をむかえている
texts
こちらの写真をごらんください。

屋根を設置するためのフレームが変形しているのがお分かりいただけますか?

腐食等により劣化した屋根のフレームは歪んでしまっています。

この状態のまま新しい屋根板を設置した場合、歪んだフレームと屋根板の隙間から雨水が入り込み、屋根の雨漏り被害へと繋がってしまいます。
また、屋根板とフレームの間にできた隙間に風が吹き込み、再度、屋根板が飛ばされてしまう可能性も高いです。




headlinesheadline

ベランダ屋根全体のリフォーム工事をご提案

columns
茨木市 ベランダ屋根の修理・リフォームのことも弊社へおまかせください
現場のお写真と共に、詳しく現在のベランダの状況をお伝えいたしました。

今回の調査で分かった事は以下の通りです。

①メンテナンス不足により屋根板を固定する役割のネジが腐食等により緩んでいた

②飛ばされずに残っている屋根板も寿命が過ぎて「ヒビ割れ」「変形」が目立っている

③屋根の骨組み全体が経年劣化により大きく歪んで変形している・錆びも進行している

以上の結果から、修理プランとして「ベランダ屋根全体(屋根板・骨組み)の交換」をご提案いたしました。


headlinesstrapline

屋根板1枚からの交換は出来ないの?

texts
もちろん、屋根板一枚から交換する事も可能です。

しかし、今回のケースでは、近いうちに屋根板・屋根枠の変形により「雨漏り」「屋根板の飛散」等のトラブルが再度、生じる事が予想されました。

トラブルが出る度に業者を呼んでいると、その都度費用がかかってしまいます。

お客様と費用面でも話し合いを重ね、今回は既存の古くなったベランダ屋根を解体・撤去し、新しく設置させていただく事となりました。


headlinesheadline

修理費用についてもお気軽にご相談下さいませ

columns
池田市 修理費用についてもご相談ください
皆様、一番ご心配されるのは修理にかかる費用です。

弊社では修理にかかる費用面についてもお客様と話し合いを重ね、最適なプランをご提示させていただきます。

ご不安な事がございましたら是非、お気軽にお申し付けください。

あなた様のお力になれるよう、経験豊富なスタッフがしっかりとサポートさせていただきます!




  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる