池田市 継続使用は危険!ベランダ屋根修理前の現地調査に密着

texts

ベランダ屋根の役割は「日除け」「雨除け」「目隠し」だけではありません。

昨今、ベランダ屋根材として定番となっている「ポリカーボネート(ポリカ)」の屋根板は別名「強化プラスチック」と呼ばれる程、非常に衝撃に強い素材です。

台風時には、屋根瓦等の飛来物や落下物からベランダを守ってくれたり、ベランダ床面・壁面の劣化を抑えてくれたり、様々なシーンで活躍してくれています。

また、ベランダ屋根板として使用されているポリカ板(強化プラスチック)だけではなく、屋根板を支えている躯体(骨組み・アルミサッシ)も一緒に劣化していきます。

columns
池田市 ベランダのポリカ屋根の修理依頼
▲今回、ベランダ屋根の修理依頼をいただいたのは、大阪府池田市にあるこちらのご自宅です。

「強風でベランダのポリカ(プラスチック)屋根板が一枚飛ばされてしまった。残っているポリカ屋根板も相当古くなってきているので、修理をお願いしたい。」


とのご依頼です。

早速、ベランダ屋根廻りをプロの目で厳しくチェックしていきます!



headlinesstrapline

修理前のベランダ屋根の状態は?

columns
池田市 修理が必要なベランダの古いポリカ屋根
池田市 修理が必要なベランダのプラスチック屋根周辺設備
texts
▲こちらは既存のベランダ屋根板を上から見た様子です。

こちらの屋根材は「ポリカーボネート」(強化プラスチック)を使用されています。

ポリカーボネートとは、別名「強化プラスチック」(以下、ポリカ)とも呼ばれております。
非常に衝撃に強く、安価で高寿命(約10年間継続してご使用可能)のため、ベランダ屋根板として大変人気の素材です。

こちらのポリカ屋根はご覧の通り、かなりのくすみ・変色が目立ちます。

設置して10年以上経つという事で、変形・硬化も起こっており、交換修理が必要となります。



headlinesstrapline

変形して大きく反り返ったポリカ(プラスチック)屋根

columns
池田市 修理が必要なベランダのポリカ屋根の枠組み
▲変形した屋根は大きく反り返り、屋根板とサッシの間に隙間が出来ている状態です。

そこへ、風が吹き込むことで、軽量のポリカ屋根板は煽られ飛ばされてしまいます。

反り返った屋根板に押し上げられて、屋根板を押さえる板金のネジも外れて無くなってしまっています。

また、硬化によって本来のポリカの特徴である「粘り」が無くなり、衝撃にも弱い状態となっています。

この状態ですと、全ての屋根板が飛ばされてしまっていてもおかしくはありませんでした。

飛ばされてしまったポリカ屋根1枚だけではなく、残りの屋根板も交換修理が必要という事を、現状のお写真をご覧いただきながら、お客様へご説明差し上げました。

headlinesstrapline

ベランダ屋根の枠組みは補修修理がオススメ

simple
池田市 白錆びだらけのベランダ屋根サッシ

texts
▲屋根を固定し支えているアルミサッシの状態もみていきましょう。

ブラウンの屋根枠に白い点々模様が表れているのがご覧いただけますでしょうか?

この白い点々はアルミの錆びです。

ポリカ屋根が劣化により変形し、サッシとの間に隙間ができます。

そして、そこへ塵・埃等が付着します。この状態を放置していた場合、アルミサッシの白錆びは進行していきます。

もちろん、隙間から入り込んだ雨水により「雨漏り」被害もあった様です。

新しい屋根板を設置する前に、サッシの補修コーティング施工修理を行う事をご提案いたしました。

腐食が進んだアルミサッシは欠損・変形等のトラブルが出やすくなりますので、新しく設置するポリカ屋根板を長持ちさせるためにも、この補修コーティング施工をご提案させていただいております。

headlinesheadline

北摂地域密着型!「ベランダ屋根」の修理なら弊社へ

columns
豊中市 ベランダリフォームの事もおまかせください

弊社は北摂地域で皆様にご信頼をいただいている地域密着型屋根専門修理店です。

豊中市・箕面市・吹田市・池田市・高槻市・摂津市でしたらどこよりも早くかけつけます。

ベランダ屋根の修理前には必ず無料現地調査・御見積もりまでさせて頂いております。

ご不明な点がありましたら、何でもお気軽にお問い合わせください。

お気軽に下記のお問い合わせフォームからご相談下さいませ。



  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる