池田市 3階のベランダ屋根のパネルの欠損

texts

近年、大型の台風が発生して日本列島に上陸しています。

「台風の被害を受けてベランダ屋根が壊れているので直したい」

池田市にお住いの方からこの様な点検・修理のご依頼を受けました。

どのような被害状況なのでしょうか?

早速、現地へ向かいましょう!

headlinesstrapline

飛ばされて無くなっているベランダ屋根

columns
3階のポリカ平板パネルが欠けている
まず、建物全体を見てみましょう。

3階に設置してあるベランダ屋根が一部、欠けていることが分かります。

点検のため、ベランダ屋根の上部へ移動します。

headlinesstrapline

既存のベランダ屋根パネルにも残された台風の爪痕

columns
ポリカ平板パネルが欠けたベランダ屋根の支柱
▲建物の3階まで、高所作業用の3連はしごであがります。

屋根板が外れ、ベランダ屋根の骨組みがむき出しです。

屋根枠に屋根板を固定するためのゴム板がずれていると、台風時の強い風でパネルが屋根枠から抜けてしまうことがあります。
ポリカ平板パネルに飛来物があたった傷
▲台風で飛んできた屋根材が激突してできたベランダ屋根表面のキズです。

もし、ベランダ屋根がなければ飛んできた瓦がガラス戸を突き破って室内に飛んできたかもしれません。
headlinesstrapline

ベランダ屋根を長持ちさせるために出来る事とは?

columns
池田市 ベランダ屋根・調査します
▲ベランダ屋根の無料点検(イメージ)

今回、現地調査に伺ったお宅のベランダ屋根はポリカーボネート(非常に衝撃性に強い高透明プラスチック)という素材でした。

ポリカーボネートの特徴のひとつとして、高い耐衝撃性があります。

その強さは、ハンマーで強打しても割れない程!

安価で高寿命(約10年)のため、ベランダ屋根にピッタリの素材です。

しかし、設置して10年経っていなくても、今回の様に屋根板以外(ゴム板・ビス・屋根枠等)の劣化が原因で、まだ使用できたはずのポリカーボネート板が飛ばされてしまう事が少なくありません。

少しでも長くベランダ屋根をお使いいただくために、業者による「平時のメンテナンス」は重要な役割を担います。

屋根板を固定している「ネジやビス・フックの緩み」等の小さなトラブルを解消することにより、ベランダ屋根の台風被害を防ぎ、より長くお使いいただく事が可能になります。



headlinesstrapline

ベランダ屋根点検の結果は?

columns
池田市 ベランダ屋根修理のご提案風景(イメージ)
点検の結果、中央のベランダ屋根パネルの表面にヘコミとキズができていますが、割れていないのでこのまま使っても問題はありませんでした。

端の飛ばされた屋根パネルは無くなってしまっているので、既存のパネルと同じ種類・色・厚みのものを新たに設置する事が必要となります。

そして、古くなったゴム板を撤去し新しいゴム板に交換します。

抜けた部分のベランダ屋根パネルを1枚新たに設置し、新しいゴム板を挟み、しっかり固定するという施工が必要な事をお客様へお伝えいたしました。


headlinesheadline

ベランダ屋根の修理は早めに済ませる事が大切

simple
池田市 ベランダ屋根修理の大切さ
ベランダ屋根の修理を後回しにしていると、思わぬ被害に繋がってしまう恐れがあります。(ベランダ下階への雨漏り等)

室内への雨漏り被害へと繋がってしまった場合、ベランダ屋根だけの修理では済みません。
もちろん、修理費用も跳ね上がってしまうでしょう。

ベランダ屋根の修理は、なるべく早いうちに業者へおまかせください。

それが、被害を拡大させないために大切な事です。

headlinesheadline

ベランダ屋根の修理・リフォームはおまかせ!

columns
豊中市 ベランダリフォームの事もおまかせください

「設置して10年以上経つベランダ屋根。来年の台風は大丈夫かしら?」

「ベランダ屋根からの雨漏り。生活に支障はないし、修理はまた今度でいいかな・・」

ベランダ屋根の事で気になる事がございましたら、私たち「ベランダ屋根救援隊」にお任せください。

弊社は北摂地域密着型のベランダ屋根修理・リフォーム店です。

どうか、お気軽にご相談下さいね。



  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる