池田市 割れたカーポート屋根パネルの調査と修理

texts
「強風で飛んできた落下物がカーポートの屋根に当たって、屋根パネルが割れてしまった。」

大阪北部・池田市にお住いのお客様からこの様なお問い合わせをいただきました。

設置して約10年程経過しているというカーポート。

一体、どの様な被害状況でしょうか?

早速、お問い合わせのあったお客様宅へ現地調査に駆けつけました。
headlinesstrapline

修理前調査を行っていきます

columns
池田市 修理依頼のあったカーポートのプラスチック屋根
ご相談いただいていたお客様宅に到着しました。

ご自宅の前にカーポートが設置されています。

一見すると目立つ様なトラブルは見当たりません。

しかし、屋根は実際に至近距離で調査を行わなければ、トラブルの原因を見つける事が困難です。

早速、詳しく調査を開始していきます。
headlinesstrapline

「破損した屋根パネル」と「錆びた屋根枠」

columns
池田市 割れたカーポートパネル
こちらが割れてしまったというカーポートの屋根部分です。

使用されている屋根材は、ポリカーボネート(強化プラスチック)です。

衝撃に強く、紫外線をほぼ完全にカットしてくれるので、カーポートパネルとして大変人気の素材です。

耐用年数(寿命)は約10年

こちらのカーポートは設置して10年を迎えているとの事で、屋根材のポリカは経年劣化により硬化し、本来の耐衝撃性が下がり、割れやすい状態となっていることが分かりました。

また、茶色の屋根枠には白っぽい斑点模様が表れています。

汚れやカビの様にも見えますが、こちらは屋根枠材として使用されているアルミサッシの「白錆び」です。

アルミは錆びると本来の白い状態に戻ります。

この白錆びが進行すると、破損の恐れもあります。

カーポート全体をより長く、安心してご使用いただくために、腐食防止効果のある補修塗装施工のご提案もさせていただきました。

headlinesstrapline

「寿命を迎えたポリカ波板」と「ネジ(傘釘)の緩み」

columns
池田市 修理前のカーポート屋根板のネジは腐食して緩んでいる
上写真は、カーポートの屋根パネルを上から見た様子です。

寿命を迎えたポリカ屋根パネルは硬化し、本来の強度が下がり割れやすい状態になっています。

当初は透明なクリアタイプのパネルでしたが、経年により変色してくすみが目立っています。

室内への光を取り込みたいという方の場合は、採光性が低くなり、室内への光が差し込みにくくなってしまいます。

そして、古くなるのは屋根パネルだけではありません。

波板屋根パネルを屋根枠に固定しているネジ(傘釘といいます)も、使用環境や経年により劣化していきます。

金属製の傘釘は腐食が進むと、破損して緩んでしまいます。

そうなると、強風等で煽られた場合、緩んだ傘釘が外れて屋根パネルが飛ばされる可能性が出てきます。


headlinesheadline

全ての屋根パネルの交換をご提案

columns
池田市 カーポート屋根の調査結果をお伝えします(イメージ)
今回の現地調査の結果をお客様にご説明差し上げます。

まず、破損したカーポートの屋根パネルです。

使用されているのはポリカーボネートという非常に衝撃に強く人気の素材でした。

しかし、耐用年数の10年を迎えているため、劣化が顕著に表れています。

この機会に、全てのポリカ波板を交換する事をご提案させていただきました。

ポリカ波板を固定する傘釘も新しく設置していきます。

また、白く腐食した屋根枠は錆び止め効果をもつ塗料でコーティング補修をさせていただく事になりました。

headlinesheadline

修理完了!ビフォーアフターをご覧ください

beforeafter
before
池田市 カーポート修理ビフォー写真
「風が吹く度に、浮き上がった屋根パネルが飛ばされそうで不安だった・・」

寿命を迎えたカーポートのポリカ波板は本来の強度が下がってしまっていました。


arrowd
after
池田市 カーポートの屋根修理・アフター写真
古いポリカ波板を全て撤去し、新しいポリカ波板に張り替えいたしました!

今回は、シェード効果も兼ねて波板のカラーはブラウンをチョイスされました。

これでまた安心してカーポートをご使用いただけますね。

災害による被害や紫外線によるダメージから、愛車をしっかり守ってくれます。

  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる