茨木市 古くなったベランダの修理

columns
茨木市 古いベランダを新しくしたいお宅のベランダ全体
▲こちらは、茨木市在住のお客様宅の二階ベランダです。

「去年の台風でベランダの屋根が一部飛ばされてしまった。修理して欲しい。」

とのご依頼をいただきました。

しばらく屋根の無い状態が続いたベランダはどのような状態なのでしょうか?

まずは、修理前の現地調査を行います。



headlinesstrapline

破損したベランダ屋根の枠組み

columns
茨木市 ベランダ屋根のゴムパッキンが外れている
▲こちらの写真をご覧ください。

ベランダの屋根の設置されていた枠組みを下から見上げた様子です。

ベランダ屋根のポリカ板(ポリカーボネート製の屋根板)が設置されていた枠組みの隙間から、何やら黒い紐の様な物がだらんと垂れ下がっています。

これは、ポリカ板と枠組みの隙間を埋めるための「ビート材」(ゴムパッキン)と呼ばれるものです。

ビート材は、ポリカ板をしっかりと枠組みに密着させて風の入り込む隙間を塞いでくれます。

こうする事で、風が屋根板と枠組みの隙間に入り込み、屋根板を飛散させてしまう事の防止と、雨伝い予防の効果があります。

新しい屋根を設置する前に、まずはこちらの箇所の修理が必要となります。


headlinesstrapline

ベランダ屋根を設置する骨組みが変形・欠損

columns
茨木市 腐食して劣化したベランダ屋根の枠組み
茨木市 壊れたベランダの枠組み
texts
▲より詳しくベランダ屋根設備を点検していきます。

ポリカ板が設置されていた枠組み部分が錆びて劣化しています。

そして、腐食の進行により破損・変形している部分を多数確認しました。

その他、枠組みに設置されているはずのいくつかの板金が屋根ごと飛ばされてしまった様で無くなってしまっています。

この様な場合、修理ではなく交換が必要になります。



headlinesheadline

ワンランク上のベランダへリノベーションすることをご提案

columns
ルーフタイプ
現地調査の結果、

①屋根板はもちろん、ベランダ屋根の骨組み自体の劣化がかなり進んでいる

②継続使用は危険な状態のため、屋根の骨組みごと新調した方が長期的にみて経済的

という事をお伝えさせていただきました。

このまま新しいポリカ板を無理に設置修理したとしても、強風が吹く度に屋根が飛ばされてしまったり、屋根の骨組みが破損してしまう可能性も高く非常に危険です。

また、既存のベランダと同タイプの骨組みを新調する以外に、屋根面積をより広くとれるタイプのベランダ屋根へリノベーションするという選択肢もあるという事のご紹介もさせていただきました。

headlinesheadline

ベランダ屋根の修理・リフォームのことならおまかせください!

columns
池田市 ベランダ屋根修理のご提案風景(イメージ)
今回お客様との話し合いを進めた結果、この機会により面積が広くとれるタイプのベランダ屋根へ交換する事に決まりました。

一番心配な修理費用についても、お客様との話し合いを重ねながら進めてまいりました。

これなら、日々のお洗濯物干し等の家事をより快適に行っていただけますね。

ベランダの修理・リフォームのことならお気軽に「ベランダ屋根救援隊」にご相談くださいませ。

経験豊富なスタッフがあなた様の快適なベランダライフをお手伝いさせていただきます。






  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる