茨木市 ベランダ屋根の張替え

columns
一部欠損したベランダ屋根

2階のベランダ屋根は、思いのほか日々雨や風の影響を受けています。
強風で屋根材が剥がれていたり、風でバタバタと音を立てているのを見た事はありませんか?
見た目だけの問題とやり過ごしていると、次の強風で思わぬ事故に繋がる事もあります。
今回は茨城市にお住まいの方からベランダ屋根を修理したいとのお問い合わせがあり、現場に向かいました。


simple
剥がれた屋根パネル
現場を見上げてみると、屋根材3枚のうち1枚が完全に剥がれてしまっていました。
躯体は老朽化しておらずしっかりしていても、屋根材の留め具合によっては台風や強風で剥がれて飛ばされてしまう事もあります。

この状態のまま放置すると、次の強風で残りの屋根材も飛んでいくかもしれません。
次はご近所の方のお家や大切なものを破壊してしまうかもしれませんし、人にケガをさせてしまう可能性もあります。



simple
一部剥がれたベランダ屋根
上の写真は実際にベランダから見上げた写真です。
洗濯物を干すことが多い2階のベランダの3分の1に屋根がないと、急な雨でせっかくの洗濯物が濡れてしまいます。
また、元々は日差しを遮断する屋根材を使われているようですが、このままだといいお天気でもお洗濯物が一部色褪せてしまう心配もありますね。

今回は屋根の躯体はしっかりしていましたので、剥がれている屋根材のみ張替え工事を行いました。

texts

弊社がオススメしている屋根材はポリカーボネートです。
オススメする理由は、以下の特徴にあります。
①強度
ポリカーボネートはプラスチックの一種です。
プラスチックというと割れやすそうですが、この素材はプラスチックの中でもかなり強度が固く、ハンマーで叩いても割れません。

②透明度
普通のガラスと同じぐらいの透明度があり、日差しをうまく取り込めます。

③耐熱性
電子レンジや冷凍庫でも使用可能な優れた耐熱性があります。

④熱伝導性
ガラスの1/5ほどと言われており、保湿性がある為断熱効果が期待出来ます。

simple
DIYの危険性
近年流行しているDIYですが、ベランダ屋根の交換や修理を自分で行うのは大変危険です。

ベランダ屋根の多くはベランダと同じサイズか少し大きめに作られています。

脚立を使ったり、ベランダの縁に立ったりと実際にはとても不安定な姿勢で作業しなければいけません。
texts

屋根の破損や不具合を見つけたら、早急にお問い合わせください。
点検や調査、お見積りは無料でさせていただきます!
  • お問い合わせはこちら

パネルを閉じる