スタッフブログ

屋根の状態を確認するために調査に伺った。塩化ビニール屋根がかなり劣化しており、変色・変質していて大部分は破損してなくなっている。屋根の躯体は問題がないので丈夫で長持ちする素材のポリカーボネート材の波板に交換することをおすすめ。
箕面市の戸建て住宅の2階ベランダ屋根が強風によって外れています。夏場は突然の雨が心配で洗濯物が干せません。ベランダ屋根におすすめの素材は、ポリカーボネートです。丈夫で長持ち、とても人気が高い素材です。
吹田市の民家へ調査に行く。塩化ビニールの波板は経年劣化による変色と硬化による破損がすすんでいる。このまま放置すると台風や突風で割れて飛び散ると危険。塩化ビニールの波板、3年ほどで劣化がみられる。ポリカーボネートがおすすめ。
高槻市の2階ベランダ屋根のポリカーボネート波板のネジが緩み屋根材が外れている危険な状態です。波板の上にレンガを乗せて応急処置をしていますが、強風時に落下する可能性があり非常に危険です。ベランダ屋根の調査開始です。
2階のベランダ屋根が抜け落ちているので調査をするために、吹田市のお宅に伺いました。ベランダ屋根に使われているポリカーボネートは、高い耐熱性を持っており、強い日差しや雷雨からベランダを守ります!
茨木市在住の方からベランダ屋根修理のご依頼です。「3階ベランダ屋根の一部が抜け落ちてしまった!」との事です。屋根の無い状態を放置すると、床面が劣化し雨漏りに繋がる可能性が出てきます。ベランダ屋根の平板・波板修理は早目に行う事がお勧めです。
吹田市木造2階建ての2階のベランダ屋根、波板の劣化による破損を調査します。建物の劣化により雨水が建物に侵入して天井から雨漏れがしています。雨水の侵入個所を見つけて修理とベランダ屋根にポリカーボネートの波板を設置する。
大変強い紫外線は地上にまんべんなく降りそそぎ、人体だけではなく、わたしたちの家屋にも大変なダメージを与えます。2019年の初夏は気温35度を超える暑さからスタート。ダブル高気圧の影響でしばらく猛暑が続きます。

パネルを閉じる