スタッフブログ

茨木市在住の方からベランダ屋根修理のご依頼です。「3階ベランダ屋根の一部が抜け落ちてしまった!」との事です。屋根の無い状態を放置すると、床面が劣化し雨漏りに繋がる可能性が出てきます。ベランダ屋根の平板・波板修理は早目に行う事がお勧めです。
2階のベランダ屋根が抜け落ちているので調査をするために、吹田市のお宅に伺いました。ベランダ屋根に使われているポリカーボネートは、高い耐熱性を持っており、強い日差しや雷雨からベランダを守ります!
大変強い紫外線は地上にまんべんなく降りそそぎ、人体だけではなく、わたしたちの家屋にも大変なダメージを与えます。2019年の初夏は気温35度を超える暑さからスタート。ダブル高気圧の影響でしばらく猛暑が続きます。
吹田市木造2階建ての2階のベランダ屋根、波板の劣化による破損を調査します。建物の劣化により雨水が建物に侵入して天井から雨漏れがしています。雨水の侵入個所を見つけて修理とベランダ屋根にポリカーボネートの波板を設置する。
豊中市のお宅へベランダ屋根の修理にお伺いいたしました。屋根が一枚スッポリ飛んでいってしまってます。 また、まわりの屋根も経年劣化により、変色、くすみ、汚れ(小さな傷)、キズ等がパッと見て確認できます。
吹田市の木造2階建て家屋のベランダ屋根の劣化。古くなった波型スレートが破損してベランダ屋根が抜け落ちてなくなっている状態です。
ベランダ屋根は日々休みなく直射日光を受け、紫外線を浴びている部分なので年数が経てば日焼けし劣化します。 劣化した屋根材は風でパリパリに割れて落下するので、定期的に修理したり張り替える必要があります。
現在ベランダ屋根の主流はポリカーボネートですが、以前は塩化ビニールでした。 安価で加工しやすかったので人気でしたが劣化しやすく長期使用には向いていません。 これから張替えをする際は、耐久性・加工性共に優れたポリカーボネートをオススメいたします。

パネルを閉じる