スタッフブログ

吹田市木造2階建て住宅の2階ベランダの屋根のポリカーボネート平板が経年劣化により抜け落ちている。ベランダ屋根のポリカーボネートを新しく設置する。気温の上昇、直射日光、突然の雨に気を付ける。
お家の外観を彩るベランダの屋根には、丈夫かつ美観を添える屋根材が必要です。近年、屋根材としてポリカーボネートを使用する事が多くなっています。台風や地震などの災害による屋根の破損時にもオススメですよ!
高い耐久性を誇り、衝撃にも強いポリカーボネート。 しかしその寿命はおおよそ10年前後と言われています。(使用状況によります) そんな比較的高い耐久性を誇るポリカ素材も交換する時期は必ずやってきます。
高い透明性と耐衝撃性を誇るポリカーボネート。それでも経年劣化によるくすみ、破損は避けられない問題です。あなたのお家のベランダ、屋根のくすみでどんより暗くなったり、破損して雨ざらしになっていませんか?
ポリカ屋根はなぜ飛散しすっぽりと無くなっていることが多いのでしょうか?ポリカ板を留めるビスやフックの形状によるところが大きいのですが、それらでしっかり留めていても経年劣化や強風で持っていかれることもあるのです。

パネルを閉じる