スタッフブログ

こちらのポリカ屋根は設置した当初の屋根材の色がわからないぐらい、日焼けしてしまっています。この屋根の劣化を放置すると、雨風の刺激でヒビ割れたり、躯体から剥がれて飛散してしまう事もあるんです!
「ガレージの屋根がひび割れて雨漏りする。そろそろ新しく張り替えたい。」豊中市ご在住の方からこの様なご用命をいただきました。まずは、施工前の現地調査をさせていただきます。屋根材として使用されていたのは塩ビ波板。かなり劣化が進行しています。
「ベランダの屋根板が強風で飛ばされてしまった」というご相談をいただきました。現地調査の様子を詳しくご紹介いたします。飛ばされずに残っている屋根板もひび割れが多箇所に確認できました。また、フレーム自体にも大きな劣化サインが表れています。
「二階のベランダ屋根が抜け落ちてしまっている。」豊中市・蛍池駅近くにお住いのお客様からのご相談です。早速、無料現地調査へ駆けつけました。設置されていたのは古いアクリル素材の波板屋根です。耐用年数を過ぎて、劣化が進行している状態でした。
「3階のベランダ屋根が枠ごと下がってきている。早めに来てほしい。」豊中市にお住いの方からこの様なお問い合わせをいただきました。早急に屋根修理のプロが駆けつけます。設置して15年以上経過するベランダは全体的に劣化が進行して危険な状態です。
「三階のベランダ屋根が全て飛ばされてしまった。物干しも安心して行えなくて不便。なるべく早めに新しい屋根への張り替え工事をして欲しい。」大阪府吹田市にある大阪メトロ桃山台駅近くにお住まいの方からのご依頼です。現地調査を行っていきましょう。

パネルを閉じる